データ ソース名および指定された既定のドライバーが見つかりません

64bit OS である Windows Server 2016 で ODBCドライバーを使ってテキストファイルを操作しようとしたところ、「データ ソース名および指定された既定のドライバーが見つかりません」とエラーとなってしまいました。
32bit-odbc-00

ODBCドライバーには 32ビット と64ビット の2種類があり、テキストファイルを操作するODBCドライバーは、32ビットにしかありません。
32bit-odbc-04

一方で、IISのアプリケーションプールは、32ビット アプリケーションが有効となっていないために、32ビットのODBCドライバーが使用できない状態になっています。

32bit-odbc-02

そこで、「32ビット アプリケーションの有効化」を False からTrue へ変更することで、32ビットのODBCドライバーが使用できるようになり、テキストファイルを操作することが可能となります。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

Windows Server Essentials を中心とした雑記

中小企業で初めてサーバーを導入しようと思っている担当者向けにWindows Server Essentials や Small Business Server に関する情報を提供するブログです。

My Knowlage Base

ggrksといわれる前に。

Dj Saori's Hardstyle Life

Dj Saori in the Mix

exceedone (エクシード・ワン)

Just another WordPress.com site

WoodStreamのCtrl+Alt+Delete

WindowsやWindowsPhoneのお話をします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。