Windows Server 2019 記憶域スペースダイレクト のネットワーク

記憶域スペースダイレクトでは、高速なネットワーク接続のほかに、リモートダイレクトメモリアクセス (RDMA) を利用することか推奨されています。今回の検証環境では、RDMA に対応したネットワークインターフェースカード(Mellanox ConnectX-3)を使用しています。

Mellanox ConnectX-3 でInfiniBandRDMA Over Converged Ethernet(RoCE) の2つのプロトコルでRDMAがサポートされます。
既定は、InfiniBand です。

【InfiniBand を 使用する場合】
1.メーカーサイトのダウンロードサイトよりドライバーを入手します。

2.ダウンロードしたドライバーを実行します。

3.ライセンスに同意し、Next をクリックします。

4.展開先フォルダーを選択して、Next をクリックします。

5.パフォーマンスオプションは既定のまま Next をクリックします。

6.インストールオプションは既定のまま Next をクリックします。

7.Install をクリックします。

8.Finish をクリックします。

9.InfiniBand Subnet Manager をサービスとして登録するために、以下のPowerShell コマンドレッドを実行します。

New-Service –Name "OpenSM" –BinaryPathName "`"C:\Program Files\Mellanox\MLNX_VPI\IB\Tools\opensm.exe`" --service -L 128" -DisplayName "OpenSM" –Description "OpenSM for IB subnet" -StartupType Automatic

10.ibstat を実行し、State が Active になっていることを確認します。

11.vstat を実行し、port_state が PORT_ACTIVE となっていることを確認します。

12.PowerShell で以下のコマンドを実行し、ネットワークアダプターの構成を確認します。

Get-NetAdapter -Name IBNIC
Get-NetAdapterRDMA
Get-NetOffloadGlobalSetting | Select NetworkDirect

13.PowerShell で以下のコマンドを実行し、SMBの構成を確認します。

Get-SmbClientConfiguration | Select EnableMultichannel
Get-SmbClientNetworkInterface
Get-SmbServerConfiguration | Select EnableMultichannel
Get-SmbServerNetworkInterface

【RDMA Over Converged Ethernet (RoCE)を使用する場合】
1.デバイスマネージャー開き、システムデバイス > Mellanox ConnectX‐3 VPI (MT04099) Network Adapter を選択します。

2.操作メニューにあるプロパティをクリックします。

3.Port Protocol タブを開き、HCA Port Type Configuration を「ETH」をクリックし、「OK」をクリックします。

Windows Server Essentials を中心とした雑記

中小企業で初めてサーバーを導入しようと思っている担当者向けにWindows Server Essentials や Small Business Server に関する情報を提供するブログです。

My Knowlage Base

ggrksといわれる前に。

Dj Saori's Hardstyle Life

Dj Saori in the Mix

exceedone (エクシード・ワン)

Just another WordPress.com site

WoodStreamのCtrl+Alt+Delete

WindowsやWindowsPhoneのお話をします。