Tag Archive: BI


先日、SQL Server 2014 をインストールしたので、Analysis Services のデータベースを作成しようとしたら、開発に必要なルーツである Business Intelligence Development Studio やSQL Server Data Tools がないことに気づきました。

SQL Server 2014 では、SQL Server Data Tools は、別途インストールする必要があったんですね。
ということで、インストール手順です。

1.SQL Server Data Tools  をMicrosoft ダウンロードサイトからダウンロードします。
Microsoft SQL Server Data Tools – Business Intelligence for Visual Studio 2013

2.SSDTBI_x86_JPN.exe を実行すると、インストールプログラムが自動的に起動します。
プログラムが起動しない場合は、Setup.exe を実行し、「SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します」をクリックします。
SSDTBI_001

3.前提条件等の確認が終了すると、インストールの種類を選択し、「次へ」をクリックします。
ここでは、新規インストールを選択します。
SSDTBI_003

※.NET Framework 4.5.1 がインストールされている必要とエラー画面が表示されました。
http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=40779
SSDTBI_004_Err

4.ライセンス条項に同意するチェックボックスにチェックを入れて、「次へ」をクリックします。
SSDTBI_004

5.「SQL Server Data Tools – Business Intelligence for Visual Studio 2013 」を選択し、「次へ」をクリックします。
SSDTBI_005

6.インストールが終了したら、「閉じる」をクリックします。
SSDTBI_007
7.「Visual Studio 2013」を起動し、「新しいプロジェクト」をクリックします。
SSDTBI_008
SSDTBI_009

 
 SQL Server 2008 以降 DTSパッケージを編集する方法はいくつかあります。
 
 1.Execute Package Utility
 2.SQL Server Business Intelligence Development Studio
 3.Microsoft Visual Studio Tools for Applications 2.0
 
私のお勧めは、3番の「Microsoft Visual Studio Tools for Applications 2.0」です。
このアプリは、Visual Studio版 XMLエディターですね。軽量な動作、簡単なコードのチェックなどができます。
ただし、間違えて編集を行ってしますとDTSXパッケージを壊してしまう、もろ刃の剣的なアプリです。
 
2番の「SQL Server Business Intelligence Development Studio」はとてもわかりやすいアプリケーションではありますが、
自動的に内容を検証するので、利用する場面によって、善し悪しがあります。
 
1番目の「Execute Package Utility」は、検証には便利ですが、一部分しか編集することができません。
 
 
 
 以前、「Small Business Server 2008 の通知設定をカスタムする」という記事を書きました。
 この時に設定した情報は、SBSMonitoring データベースにも記録されます。
 
 すなわち、SBSMonitoring データベースに記録された情報をSSASを使って分析することで、サーバーの状態を把握することができるようになります。
 
 6月に7つのカスタムアラートを追加設定しました(CA:で始まるアラート)。
 
 
 追加の結果、SBSMorintoring データベースにたまったデータを分析します。
 
 6月のSecurityの件数が大幅に増加しています。ここが今回設定されたアラートによってデータベースに記録された件数です。
 
 
 前月(5月)と当月(6月)を時間別発生件数(3時間ごと)を比較したもの。
 6(4時から6時)の件数(3,0382件)が多いことがわかります。