Windows Server Essentials で BIOS マシンを復元する

Windows Server Essentials で クライアントを復元する手順です。
UEFI マシンとは異なり、USB フラッシュドライブにあるファイルを使って復元をします。

1.回復キーでクライアントを起動します。
RecoveryBIOS_001

2.復元メディアを初期化中です。
ここからは、UEFIの時と同じです。
RecoveryBIOS_002

3.時刻と通貨の形式とキーボードを選択して「続行」をクリックします。
RecoveryBIOS_003

4.システムの完全復元ウィザードを実行するために「続行」をクリックします。
RecoveryBIOS_004

5.「次へ」をクリックします。
RecoveryBIOS_005

6.「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「次へ」をクリックします。
RecoveryBIOS_006

7.復元するコンピューターを選択します。
RecoveryBIOS_007

8.復元するバックアップを指定し、「次へ」をクリックします。
RecoveryBIOS_008

9.復元オプションを指定し、「次へ」をクリックします。
ここでは、完全復元を指定します。
RecoveryBIOS_009

10.「次へ」をクリックします。
RecoveryBIOS_010

11.復元中です。
RecoveryBIOS_011

12.復元が完了しました。
RecoveryBIOS_012

広告

HP ProLiant MicroServer に Windows Server 2012 R2 Essentials をインストール

コンパクトなサーバーである HP ProLiant MicroServer(N54L、N40Lモデルで確認) へWindows Server 2012 R2 をインストールする際には、BIOSを最新のものへ更新する必要があります。更新の手順は以下の通りです。

1.HP のダウンロードサイトから、更新プログラムを入手します。
Microserver_BIOS_00

2.ダウンロードしたプログラム(SP64420.exe)を実行します。

3-1.展開されたフォルダーのうち「USB Key」内のプログラム(HPQUSB.exe)を実行します。

3-2.USB メモリ(フォーマット済み)が「Device」に表示されます。

3-3.「Start」を」クリックします。
Microserver_BIOS_01

3-4.「はい」をクリックします。
Microserver_BIOS_02

3-5.「OK」をクリックします。
Microserver_BIOS_03

4.作成したUSBメモリで HP ProLiant MicroServer を起動すると、自動的に更新されます。

5.起動画面で、BIOSのバージョンが 「O41 10/1/2013」となっていれば、BIOSの更新は完了です。

これで、Windows Server 2012 R2 をインストールすることができます。

Windows Server Essentials を中心とした雑記

中小企業で初めてサーバーを導入しようと思っている担当者向けにWindows Server Essentials や Small Business Server に関する情報を提供するブログです。

My Knowlage Base

ggrksといわれる前に。

Dj Saori's Hardstyle Life

Dj Saori in the Mix

exceedone (エクシード・ワン)

Just another WordPress.com site

WoodStreamのCtrl+Alt+Delete

WindowsやWindowsPhoneのお話をします。