Archive for 2月, 2017


Azure Virtual Network と連携した Windows Server Essentials を再起動すると、Azure とは、VPN 接続が切断された状態になります。
そのため、サーバー再起動後はVPN接続を有効にする必要があります。

2017年2月現在、「Azure Vnetに接続」をクリックしてもVPN接続はできませんでした。
現時点での回避方法はとおりとなります。

1.「VPNデバイスの切り替え」を選択します。
wse16_vnet_013

2.「このネットワークで Windows Server をVPNサーバーとして使用する」を選択し、「完了」をクリックします。
wse16_vnet_014

3.VPNデバイスの再構成が行われます。
「閉じる」をクリックします。
wse16_vnet_015

4.状態が「接続済み」となりAzure  Virtual Network と接続ができるようなります。
wse16_vnet_016

広告

オンプレミスのネットワークとAzure ネットワークをVPNで接続することによって、クロスプレミスの環境を構築することができます。

Windows Server Essentials の Azure Virtual Network 機能を有効にすることでAzure 上の仮想マシンを Windows Server Essentilas ネットワーク下で管理することができるようになります。

【設定】

1.ホームタブにあるサービスから「Azure Virtual Network」をクリックします。
wse16_vnet_001

2.「Azure Virtual Network との統合」をクリックします。
wse16_vnet_002

3.Azureにサインインします。
wse16_vnet_003

4.「次へ」をクリックします。
wse16_vnet_004

5.「Azure Virtual Network」、「ローカルネットワーク」の名称を入力、データセンターの「場所」を選択し、「次へ」をクリックします。

wse16_vnet_005

6.VPNデバイスを選択します。ここでは、Windows Essentilas Server を選択します。
wse16_vnet_006

7.「閉じる」をクリックします。
wse16_vnet_007

8.しばらくすると、状態が「接続済み」となり、Azure上の仮想マシンに接続できるようになります。
wse16_vnet_008

【使い方】
1.「リソースの状態を更新」をクリックすると、Azure上の仮想マシンの一覧がダッシュボードに表示されます。
wse16_vnet_009

2.「仮想マシンに接続」をクリックすると、認証画面が表示されます。
wse16_vnet_010

3.Azure 上の仮想マシンを Windows Server Essentilas のネットワークに接続し、ダッシュボード上に表示されたところ
wse16_vnet_012