Tag Archive: ベアメタル回復


Windows Server Essentials サーバーを完全復元する方法です。

・Windows Server 2012 Essentials
・Windows Server 2012 R2 Essentials
・Windows Server Essentials エクスペリエンス

キャプチャー画面は、Windows Server 2012 Essentials のものです。

1.インストールDVDからコンピューターを起動すると、Windowsセットアップウィザードが起動します。
「コンピューターを修復する」をクリックします。

2.「トラブルシューティング」をクリックします。

3.「イメージでシステムを回復」をクリックします。

4.「次へ」をクリックします。

5.既定のまま、「次へ」をクリックします。
このまま復元をした結果、復元に失敗する場合は、「システムドライブのみを復元する」を選択します。

6.「完了」をクリックします。

7.復元先のディスクがフォーマットされる旨のダイアログボックスが表示されます。

8.正常に復元が完了しました。

Windows Server 2012 Essentials のコンピューターを完全復元 する方法です。

1.回復キーもしくはクライアント回復用CDからコンピューターを起動します。
起動するシステム(X86もしくはX64)を選択します。

2.「続行」をクリックします。

3.「続行」をクリックします。

6.復元するコンピュータを選択し、「次へ」をクリックします。

7.復元するバックアップを選択し、「次へ」をクリックします。

8.既定まま、「次へ」をクリックします。

9.「次へ」をクリックすると復元が始まります。

10.「完了」をクリックします。

11.ログインして復元を確認します。

Windows SBS 2011 Essentials が起動しなくなったときに復旧する方法です。

1.インストールDVDで、コンピューターを起動します。
  「既存のインストールの修復」を選択します。
  

2.バックアップイメージを選択します。
  

3.イメージを選択します。
  

4.復元するバックアップを選択します。
  

5.復元するドライブを選択します。
  この時、C,D以外のドライブを選択する場合は、
  復元先にそのドライブが復元できるように準備する必要があります。
  

6.確認します。
  

7.復元の再確認です。
  

8.復元中です。
  

9.復元完了です。
  ※復元したサーバーに復元に失敗した追加のドライブをアタッチして、
    再起動するとサーバーが復旧します。
  9.
  

Windows SBS 2011 Essentials でとったバックアップから、クライアントを復元してみましょう。

1.復元用CDを起動し、復元したいOSを選択します。
  

2.
  

3.言語とキーボードを選択します。
  

4.「続行」をクリックします。
  必要に応じてドライバの読み込みを選択します。
  

5.ウィザードが起動しますので、「次へ」をクリックします。
  

6.サーバーの検索中です。
  

7.ユーザー名、パスワードを入力します。
  

8.復元するコンピューターを選択します。
  

9.復元するバックアップを指定します。
  

10.上記「詳細」ボタンを押すとボリュームの情報が表示されます。
  

11.「ウィザードでコンピューターを完全に復元する」を選択します。
  

12.復元するディスクを確認します。
  

13.復元中・・・・。
  

14.復元完了!!
  

15.復元したコンピューターにログインしたところ。