Windows Small Business Server 2011 Standard の応答ファイル

WSBS 2011 std の応答ファイルを作成するには、Answer File Generator を実行します。
Answer File Generator を実行するには、Microsoft .NET Framework 2.0 以上が必要です。

応答ファイルを使ったカスタムインストールの流れです。
ここで重要なのは、応答ファイルを修正する必要があることです。

1.WSBS 2011 std のインストールDVDを実行し、起動画面を表示させます。
応答ファイルの作成をクリックします。

2.応答ファイルツールに必要な情報を入力し、名前を付けて保存をします。

3.応答ファイルの一部を修正します。

4.修正した応答ファイルを USB フラッシュ メモリまたは ハードディスクのルートにコピーし、
WSBS2011 Stdをインストールをします。

広告
Windows Server Essentials を中心とした雑記

中小企業で初めてサーバーを導入しようと思っている担当者向けにWindows Server Essentials や Small Business Server に関する情報を提供するブログです。

My Knowlage Base

ggrksといわれる前に。

Dj Saori's Hardstyle Life

Dj Saori in the Mix

exceedone (エクシード・ワン)

Just another WordPress.com site

WoodStreamのCtrl+Alt+Delete

WindowsやWindowsPhoneのお話をします。