Category: SQL Server 2014


Windows Server Essentials へ Microsoft SQL Server 2014 Express をインストールすると「データベース エンジンの復旧ハンドルの待機に失敗しました。考えられる原因については、SQL Server エラー ログを参照してください。」とエラーになることがあります。
SQL-Err

これは、Windows Server Essentials がドメインコントローラーとなる場合に発生します。
データベース エンジンサービス のサービスアカウントを既定のアカウントではなく、ドメインのアカウントに設定することで回避することができます。

具体的な手順は以下の通りです。
1. Microsoft SQL Server 2014 Express をダウンロードします。

2.Setup.exe を実行し、「SQL Server の新規スタンドアロン インストール を実行するか、既存のインストールに機能を追加します」をクリックします。
SQLEXPRESS2014_inst_001

3.「ライセンス条項に同意します」にチャックを入れ、「次へ」をクリックします。
SQLEXPRESS2014_inst_002

4.インストールしたい機能を選択し、「次へ」をクリックします。
SQLEXPRESS2014_inst_003

5.インスタンス名を決定し、「次へ」をクリックします。
SQLEXPRESS2014_inst_004

6.データベース エンジンサービス のサービスアカウントをドメインユーザーに変更し、「次へ」をクリックします。
※なお、データベース エンジンサービス のサービスアカウントは事前に作成しておく必要があります。
SQLEXPRESS2014_inst_005

7.データベース エンジンの構成を設定し、「次へ」をクリックします。
SQLEXPRESS2014_inst_006

8.正常にインストールが完了しました。「閉じる」をクリックします。
SQLEXPRESS2014_inst_007

先日、SQL Server 2014 をインストールしたので、Analysis Services のデータベースを作成しようとしたら、開発に必要なルーツである Business Intelligence Development Studio やSQL Server Data Tools がないことに気づきました。

SQL Server 2014 では、SQL Server Data Tools は、別途インストールする必要があったんですね。
ということで、インストール手順です。

1.SQL Server Data Tools  をMicrosoft ダウンロードサイトからダウンロードします。
Microsoft SQL Server Data Tools – Business Intelligence for Visual Studio 2013

2.SSDTBI_x86_JPN.exe を実行すると、インストールプログラムが自動的に起動します。
プログラムが起動しない場合は、Setup.exe を実行し、「SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します」をクリックします。
SSDTBI_001

3.前提条件等の確認が終了すると、インストールの種類を選択し、「次へ」をクリックします。
ここでは、新規インストールを選択します。
SSDTBI_003

※.NET Framework 4.5.1 がインストールされている必要とエラー画面が表示されました。
http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=40779
SSDTBI_004_Err

4.ライセンス条項に同意するチェックボックスにチェックを入れて、「次へ」をクリックします。
SSDTBI_004

5.「SQL Server Data Tools – Business Intelligence for Visual Studio 2013 」を選択し、「次へ」をクリックします。
SSDTBI_005

6.インストールが終了したら、「閉じる」をクリックします。
SSDTBI_007
7.「Visual Studio 2013」を起動し、「新しいプロジェクト」をクリックします。
SSDTBI_008
SSDTBI_009

中小企業では、ほとんどの場合、データベースシステムを利用することで業務が効率的に進めることができます。まずは、データベースをコンピューターへインストールしてみましょう。

ここでは、SQL Server 2014 Express with Advanced Services を利用してみます。

1.ファイルを実行し、OKボタンをクリックします。
SQL2014_001

2.「SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します」をクリックします。
SQL2014_003

3.ライセンス条項に同意するチェックボックスにチェックを入れて、「次へ」をクリックします。
SQL2014_004

4.インストールする機能を選択(既定のまま)し、「次へ」をクリックします。
※グローバル ルールからインストール ルールまでは、自動的に進行しました。
SQL2014_005

5.インスタンスの構成を設定(既定のまま)し、「次へ」をクリックします。
SQL2014_006

6.サーバーの構成を設定(既定のまま)し、「次へ」をクリックします。
SQL2014_007

7.データベースの管理者の設定(既定のまま)し、「次へ」をクリックします。
※SQL Server 管理者の指定 が空白の場合は、「現在のユーザーの追加」をクリックすると今新インしているユーザーが管理者として追加されます。
SQL2014_008

8.既定のまま、「次へ」をクリックすると、インストールが開始されます。
SQL2014_009

9.インストールが終了したら、「閉じる」をクリックします。
SQL2014_011

これで、データベースが使用できる状態になりました。
「SQL Server 2014 Management Studio」を起動して、データベースへアクセスします。