Category: Windows Server Essentials


Windows Server Essentials に連携した Microsoft Azure Backup をAzure ポータルから削除する必要がある場合は、次の手順でおこないます。

1.Azure ポータルを開き、削除するRecovery Services コンテナーを選択します。

2.コンテナー ビューの概要ウィンドウで、バックアップ アイテムがゼロであることを確認します。
※ゼロでない場合は、バックアップ アイテムを削除します。

3.削除をクリックします。

【バックアップ アイテムがゼロでない場合】
1.バックアップ アイテムを削除するためにバックアップ アイテムを選択します。

2.Azure Backup Agent を選択します。

3.バックアップ アイテムを選択します。

4.コンピューター名を選択します。
※バックアップ項目に Recovery Services コンテナー 情報などが表示されない場合は、基本を選択します。

5.削除を選択します。

6.削除するサーバー名を入力し、削除をクリックします。

広告

Active Directory Certificate Services が起動していないと、リモートから Windows Server Essentilas ダッシュボードを起動すると接続(起動)ができません。

Windows Server Essentilas ダッシュボードでは、正常性の監視に「1つ以上のサービスが実行されていません」とエラーが表示されます。
詳細ペインには、実行されていないサービスは、Active Directory Certificate Services となっています。

早速、サービスの再起動を試みるために、管理ツールにある証明機関からサービスの再起動を実行します。
「Log file is corrupt 0x0」のエラーダイアログが表示され、再起動できません。

そこで、ログファイルの復旧を試みます。
1.コマンドプロンプトを管理者モードで起動し、修復モードで esentutl コマンドを実行します。

esentutl /p DOMAIN-SV001-CA.edb

2.次に整合性モードで esentutl コマンドを実行します。

esentutl /g DOMAIN-SV001-CA.edb

3.最後に回復モードで esentutl コマンドを実行します。

esentutl /r edb

次の画面のとおり、ログが壊れている場合は、エラーとなり復旧はできません。
その場合は、ログファイルを削除することで、サービスが再起動をすることがあります。
ログファイルの削除は、バックアップをしたうえで行ってください。

 

 

Windows Server Essentialsのリモートデスクトップサービスが正しく構成されない場合があります。
これは、リモートデスクトップサービスの証明書の設定が正しくないときにおこります。

証明書の設定は、リモートデスクトップゲートウェイツールを使います。

【リモートデスクトップゲートウェイツールのインストール】
1.サーバーマネージャーを起動し、「役割と機能の追加」をクリックします。

2.「次へ」をクリックします。

3.「次へ」をクリックします。

4.「次へ」をクリックします。

5.「リモートデスクトップサービス」を選択します。

6.リモートデスクトップゲートウェイ ツール を選択し、「次へ」をクリックします。

7.「インストール」をクリックします。

8.「閉じる」をクリックします。

【サーバー証明書の設定】
1.リモートデスクトップ(RD)ゲートウェイマネージャーを起動します。
サーバーのプロパティもしくは構成の状態をクリックします。

2.SSL証明書タブの「証明書のインポート」をクリックします。

3.リモートデスクトップサービスに使用する証明書を選択し、「インポート」をクリックします。

4.発行先、発行元、有効期限に証明書の情報が表示されます。
「適用」をクリックします。

5.RDゲートウェイマネージャーの構成の状態にエラー表示がなくなります。

【Anywhere Access の構成】
1.Anywhere Access の修復を実行します。

Anywhere Accessの構成を実行すると VPNが正常に構成されませんでしたとエラーになることがあり、VPNを再構成を何度も実行しても解消できないことがあります。

これは、VPN の構築に必要である Windows Internal Database サービスへログインできず、サービスが起動できないことにより発生します。
Windows Internal Database サービスを起動できるようにするには、ログオンするアカウントであるNT SERVICE\MSSQL$MICROSOFT##WID を適切なパスワードに変更する必要があります。
パスワードの変更方法は、Windows Internal Database サービスのログオンタブにあるパスワード欄を空欄にして適用をクリックします。

 

Windows Server  Essentials エクスペリエンスの役割をインストールした後は、Windows Server  Essentials の構成を実行する必要があります。

その際に、予期せぬエラーとなり、Windows Server  Essentials の構成が失敗することがあります。
これは、Windows Server Essentials Management Service サービスが起動できないことにより発生します。
Windows Server Essentials Management Service サービスを起動できるようにするには、ログオンするアカウントをFQDNドメイン名\ServerAdmin$(NTLM形式2)からドメイン名\ServerAdmin$ (NTLM形式)へ変更する必要があります。

1.Windows Server Essentials Management Service サービスのログオンタブにあるアカウントをFQDNドメイン名\ServerAdmin$からドメイン名\ServerAdmin$ へ変更します。

2.パスワードを空欄にし、適用をクリックします。

3.Windows Server  Essentials の構成が実行されます。

Windows Server Essentials 2016 の Anywhwere Access を設定するとリモートデスクトップサービスが正しく構成されていませんとなる場合があります。こちらは、リモートデスクトプサービスの証明書が正しくインポートされなかったときに発生いたします。

正しく構成するには、リモートデスクトップサービスツールで以下の設定を行います。
1.RDゲートウェイマネジャーを起動し、プロパティをクリックします。
RDゲートウェイマネジャーは、Windows Server Essentialsでは、インストールされませんので別途インストールしてください。

2.SSL証明書タブにある「証明書のインポート」をクリックします。

3.リモートWebアクセスで使用する証明書を選択し、インポートをクリックします。

4.「適用」をクリックします。

5.インストールした証明書の情報が表示されます。

6.RDゲートウェイマネージャーを終了します。

Windows Small Business Server 2011 Essentials からWindows Server 2016 Essentialsへの移行 する手順は以下の通りになっています。
Windows Server 2012 R2 Essentials の移行手順とほとんど変更はありませんでした。
高校1年生がこの手順で完了できたぐらい簡単です。

【Windows Small Business Server 2011 Essentials から移行手順】

 

Windows Server Essentilas では、クライアントを復元する機能があります。
この機能を利用するには、復元するクライアントOSに対応した Windows ADKをインストールする必要があります。

新しく公開された Windows 10 バージョン1703  は、新しい Windows ADK が必要です。


2017年4月9日現在、Windows Server Essentilas のクライアント復元サービスに掲載されているURL は、Windows 10 バージョン1703 に対応した Windows ADKがダウンロードできません。

Windows 10 バージョン 1703 に対応した Windows ADK は、下記のURLからダウンロードできます。
https://developer.microsoft.com/en-us/windows/hardware/windows-assessment-deployment-kit

Hyper-V サーバー内の 仮想マシンを別の仮想ホストへ移動するためのPowerShell コマンドです

PowerShell を利用するメリットの一つとして、仮想マシンの移動を指定順序で実行することができます。
例えば、移動元仮想ホスト上仮想マシンをすべて移動先仮想ホストへ移動するといったことができます。
この場合、移動元仮想ホストのディスクに重複除去機能を使用している場合は、移動先仮想ホストのディスクの空き容量に注意する必要があります。

$VMname = “移動したい仮想マシン名”
$VMHost = “移動先ホスト名”
$Path = “移動先パス名”
Move-VM $VMname -DestinationHost $Host -DestinationStoragePath $Path

参考:
PowerShell を使って仮想マシンの保存場所を移動する

Hyper-Vの記憶域の移行の機能を利用すると同時に複数台の仮想マシンの保存先を変更することができます。
既定では2台までとなっています。
この同時実行数を変更する場合は、Hyper-Vの設定にある記憶域の移行から行います。