Category: SQL Server 2008


1.「SQL Server Management Studio」を起動し、データベースの展開します。
  接続先サーバー名は、「\\.\pipe\mssql$microsoft##ssee\sql\query」です。
  

2.コンテンツデータベースである「ShareWebDb」をバックアップします。  
  

3.バックアップ先を実行します。
  
   

広告

前回、SQL Server 2008 のデータコレクション の設定方法について書きました。
これで、データコレクションは有効になりましたが、データの取集は開始されません。

<データコレクターの動作>
SSIS パッケージを SQL Server エージェントジョブでスケジュールによって実行することによってデータが収集されます。
すなわち、SQL Server エージェントサービスが開始されている必要があります。

<アップロードの方法>
管理データウェアハウスのある監視サーバーへ収集したデータをアップロードする方法は次の2種類です。
1.キャッシュを使用してアップロードする方法
2.キャッシュなしで直接アップロードする方法

<システムデータコレクションセット>
システムデータコレクションは次の設定となっています。
クエリ統計
収集モード : キャッシュ、10秒間隔
アップロード: 15分間隔
データ保持 : 14日

サーバーの利用状況
収集モード : キャッシュ、60秒間隔
アップロード: 15分間隔
データ保持 : 14日

ディスクの使用量
収集モード : キャッシュなし
アップロード: 6時間間隔
データ保持 : 730日

SQL Server のパフォーマンス監視ツールがいくつかあります。
その中のデータコレクションについて紹介します。

データコレクションは、SQL Server Management Studio(SSMS) にあります。
次のようにサーバーの状態が一目でわかるレポートが3種類用意されています。
・ クエリ統計
・ サーバーの利用状況
・ ディスク使用量

それでは、データコレクション が使えるように設定をします。

1.SSMS >管理>データコレクションと展開し、右クリックのメニューから「管理データウェアハウスの構成」を選択します。

2.「管理データウェアハウスを作成またはアップグレードする」を選択します。

3.管理データウェアハウス をホストするサーバーとデータベースを作成するために、新規作成ボタンを押します。

4.データベース名を入力して、管理データベースを作成します。

5.管理データベース

6.ユーザーとロールを選択します。

7.管理データベースが作成されました。

8.SSMS >管理>データコレクションと展開し、右クリックのメニューから「管理データウェアハウスの構成」を選択します(1.と同じ)。

9.「データ コレクションをセットアップする」を選択します。

10.先ほど作成した管理データベースとキャッシュディレクトリを設定します。

11.設定完了!

普通に使っていれば、当たり前のことなんですが、忘れないように記録。

○SQL Server Management Studio でジョブを実行

○コマンドで、ジョブを実行
 sqlcmd -S (local) -E -d msdb -Q “sp_start_job ‘ジョブ名'”

SSAS のディメンジョン処理を行うと以下のエラーメッセージが表示され、処理が中断されます。

「バックエンド データベースのアクセス モジュールでエラーが発生しました。 バインドに指定されたサイズが小さすぎたため、1 つ以上の列の値が切り捨てられました。」

これは、SSASのデータを格納するサイズが小さいために、データベースのデータが収まりきれずにエラーとなるからです。データの格納サイズが小さいといわれている箇所(ここでは、「日付」)のプロパティにあります「データサイズ」(ここでは、10の部分)を適当なサイズに修正することで、正常に処理することができます。

 
 以前、「Small Business Server 2008 の通知設定をカスタムする」という記事を書きました。
 この時に設定した情報は、SBSMonitoring データベースにも記録されます。
 
 すなわち、SBSMonitoring データベースに記録された情報をSSASを使って分析することで、サーバーの状態を把握することができるようになります。
 
 6月に7つのカスタムアラートを追加設定しました(CA:で始まるアラート)。
 
 
 追加の結果、SBSMorintoring データベースにたまったデータを分析します。
 
 6月のSecurityの件数が大幅に増加しています。ここが今回設定されたアラートによってデータベースに記録された件数です。
 
 
 前月(5月)と当月(6月)を時間別発生件数(3時間ごと)を比較したもの。
 6(4時から6時)の件数(3,0382件)が多いことがわかります。
 
 
 
 最近、SQL Server 2008 をセットアップしたら、エラーとなりセットアップができませんでした。
 以前は、普通にインストールができました。
 
 調べてみたら、マイクロソフト サポートオンラインに情報がありました。
 原因は、SQL Server 2008 が MSXML 6.0 の古いバージョンをインストールしようとして、インストールに失敗します。
 SQL Server 2008  SP1 では解消されているらしいのですが、SQL Server 2008 が入っていないので、SP1をインストールすることができません。
 
 そこで、スリップストリーム セットアップを使ってセットアップすることになります。
 スリップストリーム セットアップとは、SQL Server 2008 セットアップ時に SP1も同時にセットアップする方法です。
 手順は次のとおりです。
 
 1.SQL Server 2008に必要な、以下のコンポーネントをインストールします。
   これらのコンポーネントは、DVDに収録されています。
    ・Microsoft .Net Framework 3.5 SP1
    ・Windows インストーラ 4.5
 
 2. SQL Server 2008 SP1 をダウンロードします。
 
 3.SQL Server 2008  SP1  を展開します。
    SQLServer2008SP1-KB968369-x86-JPN.exe /x <展開先>\PCU
 
 4.サポートプログラムをインストールします。
   <展開先>\PCU\x86\setup\1041\sqlsupport.msi
 
  
 
 
 5.SQL Server 2008 のセットアップをオプションを付けて実行します。
   Setup.exe /PCUSource=<展開先>\PCU
 
 6.ウィザードを進めていくと、インストールルールの画面で「更新セットアップメディアの言語の互換性」が表示されます。
  
 
 7.インストールの準備完了画面では、「スリップストリーム」が表示されています。
   
 
 8.正常にセットアップができました。再起動後に SQL Server  2008 を利用することができるようになります。 
  
 
 
 
 
 
 
 皆さんは、BIを活用していますか?
 BIって難しいとか、高いのではと思っていませんか?
 
 SBS2008 Premium には、SQL Server が 含まれています。
 ということは、 SBS2008 があれば、SQL Server のBI機能を使って、
 気軽にそして追加のコストを必要としないで始められます。
 
 今回は、SSAS について テックフィールダーズセミナーで話した時に使った資料をアップしました。
 この資料もとに、ライトニングトークのフルデモ「5分でできるSSAS開発」を行っています。
 
 参考
 
 
 SBS2008にSQL Server 2008をインストールしてみました。
 
 
 
 
 1.SQL Server 2005 から SQL Server 2008 へアップグレード
 
 
 
 2.SQL Server 2008 のインスタンスを新規インストール
  SQL Server Express Tool を削除したのちのインストールします。
 
 
 
 
 
 
 
”Where can I install the version of SQL Server in Windows Small Business Server 2008 Premium Edition?”
(Windows Small Business Server 2008 Premium Edition にSQL Server をインストールすることはできますか?)
 
You can install SQL Server on either the Premium Edition server or the Standard Edition server.
(Premium Edition と Standard Edition のどちらにもインストールすることができます。)

Note that if you install SQL Server on the Standard Edition server, the SQL Server management tools cannot be installed on that server but must be installed on another computer on the domain.
(ただし、 Standard Edition に SQL Serverをインストールする場合には、サーバー管理ツールはインストールすることができません。同じドメイン内の別のコンピュータにインストールする必要があります。)
 
とありましたので、インストール手順の確認をしてみました。
 
 
1.SQL Server インストールセンターのインストールメニューから
 「SQL Severの新規スタンドアロン インストールまたは既存のインストールの機能の追加」を選択します。
  
 
2.セットアップサポートルールで、エラーがない状態にし、「OK」を押します。
  
 
3.プロアクトキーを入力して「次へ」を押します。
  
 
4.使用許諾契約書にチェックをして。「次へ」を押します。
  
 
5.「インストール」を押します。
  
 
6.「次へ」を押します。
  
 
 
 
7.「管理ツール」のチェックボックスをはずし、「次へ」を押します。
  
 
8.インスタンスの構成を選択し、「次へ」を押します。
  
 
9.「次へ」を押します。
  
 
10.サーバーの構成をし、「次へ」を押します。
  
 
11.データベースエンジンの設定をし、「次へ」を押します。
  
 
12.Analysis Services の構成をし、「次へ」を押します。
  
 
13.Reporting Services の構成をし、「次へ」を押します。
  
 
14.選択肢を任意で設定し、「次へ」を押します。
  
 
15.「次へ」を押します。
  
 
16.「次へ」を押します。
  
 
17.「次へ」を押します。
  
 
18.「閉じる」を押します。