Category: SQL Server 2005


1.「SQL Server Management Studio」を起動し、データベースの展開します。
  接続先サーバー名は、「\\.\pipe\mssql$microsoft##ssee\sql\query」です。
  

2.コンテンツデータベースである「ShareWebDb」をバックアップします。  
  

3.バックアップ先を実行します。
  
   

広告

ここでは、デタッチしたCompanywebコンテンツデータベースをWSS3.0 の新しいWebアプリケーションへ移行します。

1.SSMSで、「\\.\pipe\mssql$microsoft##ssee\sql\query」へ接続します。
  

2.データベースを右クリックをし、「アタッチ」をクリックします。
  

3.データベースのアタッチダイアログボックスで「追加」ボタンを押し、先ほどデタッチしたデータベースを選択します。
  

4.SSMSを閉じて、コマンドプロンプトを表示します。

5.コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力しデータベースのアップグレードとデータベースのアタッチを行います。
 「SharePoint 3.0 サーバーの全体管理」では、コンテンツデータベースをアタッチすることができません。
 %Program Files%\Common Files\Microsoft Shared\Web Server Extensions\12\Bin\stsadm.exe –o addcontentdb –databasename “STS_<移行元サーバー>_1” –url <前の手順で作成したWebサイトの url>

6.データベースのバックアップをします。ここでバックアップしたものを使って、移行をします。
  参考手順 : 内部 Web サイト (CompanyWeb) のコンテンツ データベースをバック アップ
  

1.SSMSで、「<移行元サーバー名>\Sharepoint」に接続します。
  

2.データーベースを展開し、内部Webサイトのデータベース(STS_<移行元サーバー名>_1)を右クリックし、「タスク」、「デタッチ」をクリックします。
  

3.「接続の削除」、「統計の削除」のチェックボックスをオンにします。
  

4.デタッチしたデータベースをバックアップします。
  「C:\ Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL$SharePoint\Data」フォルダーにあるデタッチしたファイルをバックアップします。

レジストリの修正を行いますので、取り扱いには十分注意をしてください。

1.レジストリを修正します。
  レジストリ キー: HKLM\Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\SharePoint\MSSQLServer
  名前: BackupDirectory
  種類: Reg_SZ
  値: C:

2.「SQL Server Management Studio」を起動し、データベースの展開します。
  

3.コンテンツデータベースである「STS_<移行元サーバー名>_1」をバックアップします。  
  

4.バックアップ先がディスクであることを確認します。
   

普通に使っていれば、当たり前のことなんですが、忘れないように記録。

○SQL Server Management Studio でジョブを実行

○コマンドで、ジョブを実行
 sqlcmd -S (local) -E -d msdb -Q “sp_start_job ‘ジョブ名'”

2010年11月現在、Windows Small Business Server 2008 の更新プログラムで登録される ServicePackの一覧は、リリース順で次のようになっています。

1.Microsoft.NET Framework3.5 Service Pack 1 (09/02/25) 
 

2.Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (09/04/29)
 

3.Windows Internal Database Service Pack 3 (09/05/27)
 

4.Windows Server Update Services Service Pack 2 (09/08/26)
 
 ※インストール後、設定が必要です。
  Small Business Server 2008 から System Center Essential 2010 をアンインストールしたあとにすること

5.Microsoft SQL server 2005 Express Edition With Advanced service Pack 3 (09/10/14)
 

6.Exchange Server 2007 Service Pack 1 ロールアップ10 (10/04/04)
 

7.Windows Small Business Server 2008 ロールアップ 4 (10/04/28)
 

8.Windows Server 2008 Service Pack 2 (10/08/25)
 

 
 以前、「Small Business Server 2008 の通知設定をカスタムする」という記事を書きました。
 この時に設定した情報は、SBSMonitoring データベースにも記録されます。
 
 すなわち、SBSMonitoring データベースに記録された情報をSSASを使って分析することで、サーバーの状態を把握することができるようになります。
 
 6月に7つのカスタムアラートを追加設定しました(CA:で始まるアラート)。
 
 
 追加の結果、SBSMorintoring データベースにたまったデータを分析します。
 
 6月のSecurityの件数が大幅に増加しています。ここが今回設定されたアラートによってデータベースに記録された件数です。
 
 
 前月(5月)と当月(6月)を時間別発生件数(3時間ごと)を比較したもの。
 6(4時から6時)の件数(3,0382件)が多いことがわかります。
 
 
 SBS2008 Premium Edition には、SQL Serverがあります。
 ということは、SQL Server のBI機能 が使えるではありませんか。
 
 SBS2008 には、SBSMonitoring データベースがあります。
 このデータベースを使って、Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services (SSAS)を使ってみました。
 思っていたよりも簡単に Business Intelligence が実現できます。
 
 SBSを使ったBI機能の活用については、テックフィールダースセミナーにて発表させていただきました。
 
 
 
 
 補足:
  セミナーでは話しませんでしたが、SBS2008 でSSAS開発をする場合は、
  ロールの追加、ファイヤーウォールの許可(TCP 2383)が必要となります。
 
 
 Hiroshi Okunushi’s Blog ☆ミ| IIS PHP etc.