Category: Exchange Server 2007


<移行元サーバー>
パブリック フォルダ ストア の内容を確認する
1.スタートから「Exchange Server 2007」、「Exchange 管理シェル] をクリックします。

2.次のコマンドを入力します。
  Get-PublicFolderStatistics -server <移行元サーバー名> | fl | out-file C:\PFstat.txt
  Get-PublicFolder -server <移行元サーバー名> \ -recurse | fl | out-file C:\PFIPMSub.txt
  Get-PublicFolder -server <移行元サーバー名> \non_ipm_subtree -recurse | fl | out-file C:\PFNonIPMSub.txt

不要なパブリック フォルダーを削除する
3.次のコマンドを入力します。
  Get-PublicFolder -Server <移行元サーバー名> \ -Recurse  | Remove-PublicFolder -Server <移行元サーバー名> -Recurse:$True -ErrorAction:SilentlyContinue
  Get-PublicFolder -Server <移行元サーバー名> \Non_Ipm_Subtree -Recurse | Remove-PublicFolder -Server <移行元サーバー名> -Recurse:$True -ErrorAction:SilentlyContinue

パブリック フォルダーのレプリカを移動する
4.次のコマンドを入力します。
  MoveAllReplicas.ps1 –server <移行元サーバー名> –NewServer <移行先サーバー名>

メールボックス データベースに既定のパブリック フォルダー データベースを関連付ける
<移行先サーバー>
5.スタートから 「Microsoft Exchange Server 2010」、「Exchange Management Console」、「組織の構成」を展開します。
  「メールボックス」を右クリックし、「プロパティ」を表示します。
  

6.クライアントの設定タブにある「既定のパブリック フォルダー データベース」を移行先サーバーへ変更します。
  

<移行元サーバー>
7.スタートから 「Microsoft Exchange Server 2007」、「Exchange 管理 コンソール」、「サーバーの構成」を展開します。
  「メールボックス」を右クリックし、「プロパティ」を表示します。
  

8.クライアントの設定タブにある「既定のパブリック フォルダー データベース」を移行先サーバーへ変更します。
  


<移行先サーバー>
パブリック フォルダー データベースを削除する

9.スタートから「Exchange Server 2010」、「Exchange Management Shell] をクリックします。

10.次のコマンドを入力します。
  Get-PublicFolderDatabase –server <移行元サーバー名> | remove-publicFolderDatabase

手順10のコマンドを実行した場合、以下のメッセージが表示されることがあります。
「パブリック フォルダー データベース <移行元パブリックデータベース名> にはフォルダー レプリカがあります。パブリック フォルダー データベースを削除する前に、フォルダを削除するか、レプリカを他のパブリック フォルダー データベースに移動してください。パブリック フォルダー データベースを削除する方法の詳細な手順については、http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=81409を参照してください。」
この場合は、パブリック フォルダーのレプリケーションが完了するまでしばらく待ってから再度コマンドを実行します。

  

 

広告

オプションです。

ここでは、POP3コネクタの移行します。作業は単純です。

  • 移行元サーバー : POP3コネクタを削除 or POP3コネクタサービスの停止
  • 移行先サーバー : POP3コネクタを作成

<移行元サーバー>
POP3コネクタを削除

1.移行元サーバーのWindows SBS コンソールのネットワークタブを開きます。
  
  

2.POP3 コネクタ オプションの表示をクリックし、設定をを書きとめて削除します。
  

<移行先サーバー>
POP3コネクタを作成
1.移行先サーバーのWindows SBS コンソールのネットワークタブを開きます。
  

2.「追加」をクリックします。
  

3.書き留めた情報を入力して、「OK」をクリックします。
  

この処理を行うとWindows SBS 2011 Std にインターネットからメールが流れるようになります。

  • 移行元サーバー : インターネットコネクタを削除 and インターネット電子メールの構成を書きとめる
  • 移行先サーバー : インターネット電子メールを構成する

<移行元サーバー>
インターネットコネクターの削除
1.移行元サーバーで、スタートから「Microsoft Exchange Server 2007」、[管理コンソール]、[組織の構成]、[ハブトランスポート]、[送信コネタ]の順に展開します。
  

2.「Windows SBS Internet Send <移行元サーバー名>」を削除します。

3.移行元サーバーのWindows SBS コンソールのネットワークタブを開きます。
  

4.「インターネット電子メールプロパティの表示」をクリックし、スマートホストサーバーの設定を書きとめます。
  

<移行先サーバー>
インターネットコネクタを構成する
1.移行先サーバーのWindows SBS 管理コンソールのネットワークタブを開きます。
  

2.「インターネット電子メールプロパティの表示」をクリックし、スマートホストサーバーを設定します。
  
 

必須タスクです。

このタスクは、ウィザードから直接移行をしません。
それぞれ各ユーティリティを使用して以下のとおり移行していきます。

2010/12/10にダウンロードセンターから Exchange Server 2007 Service Pack 3 の更新プログラムのロールアップ 2 がダウンロードできます。
詳細は、サポート技術情報を参照してください。
 Exchange Server 2007 の Service Pack 3 の更新プログラム ロールアップ 2 の説明

Windows SBS Consoleからも確認できます。
 

 それ以外のExchange 2007のロープアップの情報は以下のサイトを参照にしてください。
 Exchange 2007 用の最新の Service Pack または更新プログラムのロールアップを入手する方法
 
参考:
 Exchange Server 2007 Service Pack 2 の更新プログラムのロールアップ 5 (KB2407132) 

2010年11月現在、Windows Small Business Server 2008 の更新プログラムで登録される ServicePackの一覧は、リリース順で次のようになっています。

1.Microsoft.NET Framework3.5 Service Pack 1 (09/02/25) 
 

2.Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (09/04/29)
 

3.Windows Internal Database Service Pack 3 (09/05/27)
 

4.Windows Server Update Services Service Pack 2 (09/08/26)
 
 ※インストール後、設定が必要です。
  Small Business Server 2008 から System Center Essential 2010 をアンインストールしたあとにすること

5.Microsoft SQL server 2005 Express Edition With Advanced service Pack 3 (09/10/14)
 

6.Exchange Server 2007 Service Pack 1 ロールアップ10 (10/04/04)
 

7.Windows Small Business Server 2008 ロールアップ 4 (10/04/28)
 

8.Windows Server 2008 Service Pack 2 (10/08/25)
 

 
 
 その後、修正等のじょうほうです。
 
 ◎サーバー証明書の期限が新しくなります。元に戻すか、新しい証明書を利用してください。
 
 ◎Pop3コネクトサービスが止まっていますので、サービスを再起動します。
 
 
 
 1.Exchange Server 2007 Service Pack 3 をダウンロードします。
 
 2.サービスの確認をします(PS)。
    PS:> get-service -name MSExchangeIS, MSExchangeTransport | format-table -auto
    
    Status  Name                DisplayName
    ——  —-                ———–
    Running MSExchangeIS        Microsoft Exchange Information Store
    Running MSExchangeTransport Microsoft Exchange Transport
 
 3.サービスを停止します(PS)。
    PS: > stop-service -name MSExchangeIS, MSExchangeTransport -Force
    警告: サービス ‘Microsoft Exchange Transport (MSExchangeTransport)’ の停止処理が完了するのを待っています…
 
 
    ※Force オプションをつけないとエラーになります。
    PS: > stop-service -name MSExchangeIS, MSExchangeTransport
    警告: サービス ‘Microsoft Exchange Information Store (MSExchangeIS)’ の停止処理が完了するのを待っています…
    警告: サービス ‘Microsoft Exchange Information Store (MSExchangeIS)’ の停止処理が完了するのを待っています…
    警告: サービス ‘Microsoft Exchange Information Store (MSExchangeIS)’ の停止処理が完了するのを待っています…
    
Stop-Service : サービス ‘Microsoft Exchange Transport (MSExchangeTransport)’ には依存サービスが存在するため、停止できま
    せん。このサービスを停止できるのは、Force フラグが設定されている場合のみです。
    発生場所 行:1 文字:13
    + stop-service <<<<  -name MSExchangeIS, MSExchangeTransport
        + CategoryInfo          : InvalidOperation: (System.ServiceProcess.ServiceController:ServiceController) [Stop-Serv
       ice]、ServiceCommandException
        + FullyQualifiedErrorId : ServiceHasDependentServices,Microsoft.PowerShell.Commands.StopServiceCommand
 
 4.インストール開始します(Microsoft Exchange Service Pack 3 のインストールをクリック)。
    
 
 5.「次へ」をクリックします。
   
 
 6.使用許諾契約書に同意するを選択して、「次へ」をクリックする。
   
 
 7.インストールの前提条件が確認されます。完了後、「アップグレード」をクリックします。
   
 
 8.インストール完了です。思ったよりも時間がかかります(1時間ほど停止しました)。
   
 
 9.停止したサービスを起動します。
    PS:> start-service -name MSExchangeIS, MSExchangeTransport
    警告: サービス ‘Microsoft Exchange Information Store (MSExchangeIS)’ の開始処理が完了するのを待っています…
    警告: サービス ‘Microsoft Exchange Transport (MSExchangeTransport)’ の開始処理が完了するのを待っています…
 
 
 
2010/03/17にダウンロードセンターから
 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=c781326a-7b81-444d-9836-760fa1e3a28a
がダウンロードできます。

詳細は、サポート技術情報を参照してください。
 Exchange Server 2007 の Service Pack 2 の更新プログラム ロールアップ 3 の説明

 Exchange 2007のロープアップの情報は以下のサイトを参照にしてください。
 Exchange 2007 用の最新の Service Pack または更新プログラムのロールアップを入手する方法 
 
 SBS2008 にもインストールすることができます。