Category: SBS2003 R2


Windows Server 2012 R2 Essentials の移行では、Windows Small Business Server 2003 Standard のフォレストの機能レベルを手動で亜が得る必要があります。

1.「Active Directory ドメインと信頼関係」を起動します。
4-1-1-001

2.Active Directory ドメインと信頼関係 を右クリックし、「フォレストの機能レベルを上げる」をクリックします。
4-1-1-002

3.利用可能なフォレストの機能レベルが「Windows Server 2003」であることを確認し、「上げる」をクリックします。
4-1-1-003

4.「OK」をクリックします。
4-1-1-004

5.「OK」をクリックします。
4-1-1-005

Windows Server 2003 のサポートが2015年7月15日に終了します。
同時に、Windows Small Business Server 2003 Standard のサポートも終了となります。

Windows Small Business Server 2003 Standard からWindows Server 2012 R2 Essentialsへの移行 する手順は以下の通りになっています。
特にWindows Server 2012 R2 Essentials のインストールは、今までとは異なり、自動的に移行するツールやウィザードはありません。
手動で行う必要があります(太字)。
また、Windows Small Business Server 2003 Standard ではフォレストの機能レベルを「Windows Server 2003」へ上げる必要もあります(太字)。
移行後は、不要なアカウント削除等の追加タスクがあります(太字)。

【Windows Small Business Server 2003 Standardから移行手順】

 

マイクロソフトのサイトから「Windows Server 2012 Essentials テクニカル ドキュメント」がダウンロードできます。
本ブログで投稿した内容がまとめて確認することができます。ぜひ活用してください。

http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/windows-server-essentials/technical-documentation.aspx

Windows Server 2012 Essentials でサポートされるOSの一覧です。
ドメインの機能を利用するかどうかについてもまとめています。

OS サポート ドメイン
Windows 8 Professional
Windows 8 Home ×
Windows 7 Ultimate, Professional, Enterprise
Windows 7 Home Premium, Basic, Starter ×
Windows Vista 以前 の OS ×
MAC OS X 10.5-10.7 ×
Windows Server

このステップでは、移行元サーバーを Active Directory から削除します。

1.移行元サーバーのプログラムとファイルの検索に「dcpromo」と入力し、「次へ」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_051

2.「次へ」をクリックします。
「このサーバーはドメインの最後のドメインコントローラーなので、ドメインを削除する」のチェックボックスはチェックしません。
WSE12_SBS03to12_052

3.パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_053

4.「次へ」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_054

5.「完了」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_055

6.「再起動する」をクリックし、移行元サーバーを再起動します。
WSE12_SBS03to12_056

7.移行元サーバーをドメインからワークグループへ変更します。

8.移行元サーバーを再起動します。

9.移行先サーバーで「Active Directory ユーザーとコンピューター」ツールを起動します。
「<ドメイン名>」>「Computers」を展開し、移行元サーバーを削除します。
WSE12_SBS03to12_057

10.「はい」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_058

このステップでは、Exchange Server 2003 を削除します。
Exchange Server 2003 を削除 する前にメールボックスを別のサーバーへ移行もしくは削除する必要があります。
WSE12_SBS03to12_044

メールボックスの移動に関しては、こちらの投稿を参考にしてください。

1.コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」から「Windows Small Business Server 2003」を選択し、「変更と削除」ボタンをクリックします。
WSE12_SBS03to12_039

2.「次へ」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_040

3.「次へ」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_041

4.「次へ」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_042

5.「Exchange Server」のアクションを「削除」を選択し、「次へ」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_045

6.「次へ」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_046

7.「OK」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_047

8.「完了」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_049

9.再起動をするために「OK」をクリックします。
WSE12_SBS03to12_050

このステップでは、フォルダーリダイレクトの機能を移行します。
フォルダーリダイレクトの機能を移行 するには、移行先サーバー のフォルダーリダイレクト機能を有効にし、移行元サーバーのフォルダーリダイレクトグループポリシーオブジェクトを削除します。

1.Windows Server 2012 Essentialsの ダッシュボード を起動し、デバイスタブの全体タスクにある「グループポリシーの実装」を実行します。

2.グループポリシーの管理を起動します。「グループポリシーの管理」>「フォレスト」>「ドメイン」>「<ドメイン名>」>「グループポリシーオブジェクト」を展開し、「Small Business Server フォルダーのリダイレクト」を削除します。
WSE12_SBS03to12_035

このステップでは、移行元サーバーからグループポリシーを削除します。
グループポリシーの削除では、グループポリシーオブジェクトの削除とWMIフィルターの削除を行いまう。
この手順は、必須ではありません。

【グループポリシーオブジェクトの削除】
1.「サーバーの管理」を開き、「詳細管理」、「グループポリシーの管理」を展開します。
「フォレスト」>「ドメイン」>「<ドメイン名>」>「グループポリシーオブジェクト」を展開します。
WSE12_SBS03to12_033

2.以下のグループポリシーオブジェクトを削除します。
※Small Business Server フォルダのリダイレクトをここでは削除しません

  • Small Business Server – Windows Vista ポリシー
  • Small Business Server Windows ファイアウォール
  • Small Business Server インターネット接続ファイアウォール
  • Small Business Server クライアント コンピュータ
  • Small Business Server ドメイン パスワード ポリシー
  • Small Business Server のロックアウトのポリシー
  • Small Business Server の監査のポリシー
  • Small Business Server リモート アシスタンスのポリシー

【WMIフィルターの削除】
1.「サーバーの管理」を開き、「詳細管理」、「グループポリシーの管理」を展開します。
「フォレスト」>「ドメイン」>「<ドメイン名>」>「WMIフィルタ」を展開します。
WSE12_SBS03to12_034

2.以下のフィルターを削除します。

  • PostSP2
  • PreSP2

このステップでは、移行元サーバーからログオンスクリプトを削除します。
Windows SBS 2003 のログインスクリプトをカスタマイズした場合は、ログオンスクリプトの名前を変更します。
この手順は、必須ではありません。

1.「サーバーの管理」を開き、「詳細管理」、「Active Directory ユーザーとコンピュータ」を展開します。
「<ドメイン名>」>「My Business」、「Users」、「SBSUsers」を展開します。
WSE12_SBS03to12_031

2.各ユーザーのプロパティを表示し、「プロファイル」タブをクリックします。
ログオンスクリプトに表示されているスクリプトを削除します。
WSE12_SBS03to12_032

3.すべて簿ユーザーについて、2.の手順を実行します。

このステップでは、移行元サーバーから移行先サーバーへデータを移行します。
Windows Small Business Server 2011 Essentials の場合は、次の手順となります。
3-1:クライアントコンピューターにコネクトアプリケーションをインストールします。
3-2:移行元サーバーからデータをコピーします。
3-3:ログオンスクリプトを削除します(オプション)。
3-4:グループポリシーを削除します(オプション)。
3-5:AnywhereAccess を設定します。
3-6:各アカウントにアクセス権を付与します。
3-7:フォルダーリダイレクト機能を設定します。
3-8:Exchange Server 2003 を削除します。
3-9:Active Directory から移行元サーバーを削除します。
3-10:DHCPサーバーをルーターへ移行します。
3-11:DNSサービスにある移行元サーバーの情報を削除します。
3-12:クライアントコンピューターの設定を変更します。
3-13:BPAを実行します。

※は、共通の手順です。