Category: Office365


Windows Server Essentials では、Office 365 と連携によって、Exchange Online の一部機能を管理することができます。
Exchange Online のそれ以外の機能は、以下の PowerShell コマンドを実行することで、リモート管理ができるようになります。

$UserCredential = Get-Credential
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session

 

広告

Windows Server Essentials では、Office 365 と連携によって、SharePoint Online のサイトの管理をすることができます。
SharePoint Online のそれ以外の機能をリモート管理するには、SharePoint Online Management Shell をインストールする必要があります。

SharePoint Online Management Shell

インストールが終了したら、SharePoint Online に接続します。
・SharePoint Online Management Shell を実行する場合

$credential = Get-Credential
$url = “https://サブドメイン名-admin.sharepoint.com”
Connect-SPOService -Url $url -credential $credential

・Windows PowerShell を実行する場合

Import-Module Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell -DisableNameChecking
$credential = Get-Credential
$url = “https://サブドメイン名-admin.sharepoint.com”
Connect-SPOService -Url $url -credential $credential

Windows Server Essentials では、Office 365 と連携していますが、Lync Online は直接利用しません。
そこで、Lync Online を リモート管理できるようにLync Online Connector モジュールをインストールする必要があります。
インストールするのは、以下の2つです。

IT プロフェッショナル 用 Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTW
Lync Online Connector モジュール

インストールが終了したら、Lync Online へ接続します。

Import-Module LyncOnlineConnector
$credential = Get-Credential
$lyncSession = New-CsOnlineSession -Credential $credential
Import-PSSession $lyncSession

Windows Server Essentials では、Office 365 と連携するために、専用のOffice 365 統合モジュールをインストールします。
PowerShell を使い、より高度に Azure Active Directory を管理するには、Azure ADモジュールをインストールする必要があります。
インストールするのは、以下の2つです。

 IT プロフェッショナル 用 Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTW
Azure Active Directory Module for Windows PowerShell (64 ビット バージョン)

インストールが終了したら、Azure ADに接続します。
・Windows PowerShell 用 Windows Azure Active Directory モジュールを実行する場合

$msolcred = Get-Credential
Connect-Msolservice -Credential $msolcred

・Windows PowerShell を実行する場合

Import-Module MSOnline
$msolcred = Get-Credential
Connect-Msolservice -Credential $msolcred

Office365を利用するために、設定を行い、メールを受信しようとすると、「サーバーへの接続に失敗しました。」と表示され、メールを受信することができないことがあります。これは、Office365 を利用登録している デバイスが10個を超えている場合に起こります。携帯電話だけでなく、Windows PCであっても、ここにリストアップされることがあるので注意が必要です。

不要なデバイスの削除手順です。
1.Outlook Web App にサインインし、オプション画面の電話をクリックします。。
o365_mobi_01

2.携帯電話 をクリックし、デバイスの一覧から不要なデバイスを削除します。
o365_mobi_02

Office 365と連携したWindows Server 2012 Essentials と Small Business Server のユーザー (ダッシュボード上の名前)は、「アカウント」や「パスワード」だけでなく、「姓」、「名」も同期しています。
結果として ダッシュボードで氏名を変更するとOffice 365 のユーザーの 表示名 や Lync Online のユーザーの表示名 が変わります。
すなわち、Office365サイト上で表示名を変更しても、一定期間(同期間隔)で元(ダッシュボード上の名前)に戻ってしまいます。
ただし、Windows Server 2012 Essentials と Small Business Server のActive Directory の「姓」、「名」ではありませんので注意してください。

【ダッシュボード上の名前】

【Lync Online の表示名】

インターネットがつながったパソコンがあれば、どこからでも会議に参加できるLync ミーティングですが、音声が聞こえないといった残念な結果になる場合があります。この時に試したいただきたいのは、以下の方法です。

【確認と手順】
1.Lync のオーディオデバイスオプションで、デバイスが見つかっていない状態

2.デバイスマネージャーのサウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーにデバイスはちゃんと認識しています。

3.コントロールパネルのサウンドでは、再生デバイスが正しく認識されています。

4.ところが、録音デバイスがインストールされていないとなっています。
そのため、Lync で正しくオーディオデバイスが見つからないとなる訳です。

5.そこで、マイク端子にマイク(イヤホンでも可)をさします。
すると、録音デバイスがインストールされている状態になります。

5.Lync のオーディオデバイスオプションで、デバイスが正常に見つかった状態。

すなわち、ジャック端子に電気が流れないとマイク機能が有効ならないデバイスでは、このような方法によりLyncミーティングで音声が聞こえるようになります。試してみてください。仮想環境であれば、再生デバイスと録音デバイスの2つがリモートで利用可能になれば、同じようにLyncミーティングで音声が聞こえるようになります。

Windows Server 2012 Essentials で電子メールにOffice365 を選択すると、スタートパッドも以下のように変更されます。
ここからOffice365のOutlook Web Access やOffice 365 の管理画面へアクセスすることができます。

 

Windows Server 2012 Essentials は、標準で電子メールサービスと連携をする機能があります。
Office365と連携する方法です。

1.ダッシュボードのホームタブにある電子メールをクリックします。
Microsoft Office365 との統合 を選択し、「Microsoft Office365 統合のセットアップ」をクリックします。

2.「次へ」をクリックします。
すでにOffice 365 と契約している場合は、チェックボックスにチェックを入れます。

3.ここで、Office365 を試用するか購入するかを選択します。
すでにOffice 365 と契約している場合は、この画面は表示されません。

4.Office 365 の管理者のアカウントとパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

5.Windows Server 2012 Essentials で定めているパスワードポリシーが変更されます。
チェックボックスにチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

6.「閉じる」をクリックし、ダッシュボードを再起動します。

7.ダッシュボードに新たなOffice365 タブが表示されます。

8.Office365 の管理画面が表示されます。

9.スタートパッドにもOffice365 のメニューが表示されます。

Office 365 のメールを、 iPod Touchでも操作するすることができます。
Exchange Active Sync を使って同期できるので、メール以外にも連絡先やカレンダーなどの情報も確認することができます。

Office 365 の Outlook Web App のオプションにある電話を確認すると 同期されているデバイスの情報に「 iPod」としてiPod Touch が表示されていました。