Category: Linux & Mac


Windows Server Essentials の機能は、iOSやAndroid Windows Phoneから利用することができますが、それぞれ利用できるアプリが異なります。

アプリ iOS Android Windows Phone
Web ブラウザ
Windows アプリ X X
リモートデスクトップ X

△は、設定によっては、接続ができない場合があります。

Windows Server Essentials のリモートWebアクセス は、Webブラウザであれば、アクセスすることができます。
今回は、iPad mini でアクセスしてみます。

【ホーム画面(デスクトップモード)】
IMG_0206

【デバイス】RD Client を利用して、リモートデスクトップ接続
IMG_0210

Windows Server Essentials ダッシュボードも起動できました。
IMG_0211

<接続方法>
ホームのデバイスをクリックする。
リモートデスクトップ用ファイルをRD Client を開く
IMG_0207

ユーザー名とパスワードを入力します。
IMG_0208
参考:
iOS用リモートデスクトップ アプリ を使って Windows Server Essentials へ接続

【共有フォルダー】
<タイル表示>
IMG_0212
<リスト表示>
IMG_0213

【設定】
<パスワード変更>
IMG_0214

普段は、Surface Pro 3 を使っていますが、最近は外出先で iPad mimi を利用することが多くなりました。
データは 「OneDrive」 または 「OneDrive for Business」に保存をしています。そのため、Windows とiOS の間でデータが共有が簡単にできます。

先日 iPad mimi (iOS)で、Surface Pro 3(Windows) のメモ帳で作成したテキストファイルを開いたところ、文字化けしていました。
IMG_0088

これは、Windows のメモ帳でテキストファイルを作成すると既定の文字コードが「ANSI」であるために起こる現象です。
iOS でテキストファイルを利用したい場合は、文字コードを「Unicode」または「UFT-8」にすれことで iOS上で文字化けすることなく利用することができます。

IMG_0086  IMG_0087

 

マイクロソフトからiOS用の純正のリモートデスクトップアプリが提供されました。
早速、iPhone5 にインストールして、Windows Server Essentials サーバーに接続してみました。
接続画面はこんな感じです。こうなるとiPadがほしくなるかも。
IMG_0299

接続手順は、次の通りです。
1.「Settings」をタップします。
IMG_0292

2.「Gateway」をタップします。
IMG_0293

3.「Add gateway」をタップします。
IMG_0294

4.必要事項を入力します。
「Server」はリモートWebアクセスのURLを入力します。
IMG_0295

5.「New Remote Desktop」をタップします。
IMG_0292

6.必要事項を入力します。
「Gateway」は、先ほど入力したものを選択します。
IMG_0296

7.「User name」と「Password」を入力し、「Logon」をタップします。
IMG_0298

8.接続できました。
IMG_0299

 

1.Webブラウザで、 http://サーバー名/connect にアクセスし、Mac 用ソフトウエアをダウンロードをクリックします。
WSE_Mac_001

2.ダウンロードした「Connector for Mac」を実行します。
WSE_Mac_002

3.「Continue」をクリックします。
WSE_Mac_005

4.サーバーのIPアドレスを入力し、「Continue」をクリックします。
WSE_Mac_006

5.コンピュータ名を入力し、「Continue」をクリックします。
WSE_Mac_008

6.Windows Server Essentials の ユーザーアカウントとパスワードを入力し、「Continue」をクリックします。
WSE_Mac_009

7.コンピューターの説明を入力し、「Continue」をクリックします。
WSE_Mac_010

8.「Close」をクリックします。
WSE_Mac_011

9.コネクタソフトのインストールが完了しました。
スクリーンショット 2013-10-16 11.49.35

Windows Intune を使うとモバイルデバイス のひとつとして iOS を管理することができるようになります。
iPhone 5 で試してみたところ、こんなアプリがインストールされました。
サインイン後はどんな感じになるか確認していませんが、これなら、iPhoneをビジネスで使ってもいいかなっとちょっとだけ思いました。

IMG_0083 IMG_0082

Windows Server 2012 Essentials でサポートされるOSの一覧です。
ドメインの機能を利用するかどうかについてもまとめています。

OS サポート ドメイン
Windows 8 Professional
Windows 8 Home ×
Windows 7 Ultimate, Professional, Enterprise
Windows 7 Home Premium, Basic, Starter ×
Windows Vista 以前 の OS ×
MAC OS X 10.5-10.7 ×
Windows Server

Windows Server 2012 Essentials のリモートWebアクセス サイトにアクセスには次のような機能(ページ)があります。
これらのページは、Macでもアクセス(右側)できます。

【ホーム】

【コンピューター】

【共有フォルダー】

【メディア(スライドショー)】

Windows Server 2012 Essentials は、クライアントとしてMacOS X もサポートしています。
シングルサインオンでないことと英語であることやバックアップはTime Machneを利用していることなどの違いはあります。

1.ブラウザから http://<サーバー名>/connect/ にアクセスします。
「Mac 用ソフトウェアダウンロード」 をクリックします。

2.「Connecter for Mac」をクリックします。

3.「Continue」をクリックします。

4.サーバーのIPアドレスを入力し、「Conntinue」をクリックします。

5.コンピュータ名を入力し、「Continue」をクリックします。

Windows Server 2012 Essentials は、 Mac OS X(10.5 ~10.7 )をサポートしています。
インストールされるスタートパッドはこんなこんな感じです。
残念ながら日本語ではありませんでした。

・ バックアップ ~ Time Machine

・ リモート Webアクセス ~ Webブラウザ

・ 共有フォルダー ~ フォルダーのマウント