クラウドを利用したクラスターの監視の構成

Windows Server 2016 からクラウドの監視にクラウドを利用する(Cloud Witness)ことができるようになりました。
クラウド監視は、Microsoft Azure ストレージにクォーラムを配置し、監視を行います。

Windows Server 2019 記憶域スペースダイレクト 検証環境でクラウド監視を構成してみます。

【Azure でクラウド監視に必要なサービスを構成する
1.Azure Portal より「ストレージ」>「ストレージアカウント」の順に展開します。

2.「追加」をクリックし、ストレージアカウントの作成をします。

3.必要事項を入力し、「確認及び作成」をクリックします。
レプリケーションは、「ローカル冗長ストレージ(LRS)」を選択します。

4.内容に問題がなければ。「作成」をクリックします。

5.作成が完了するまでしばらく待ちます。

【クラスター監視を構成する】
1.ファールオーバークラスタマネージャ から「操作」>「他のアクション」>「クラスタ クォーラムの構成」の順に選択をします。

2.「次へ」をクリックします。

3.「クォーラム監視を選択する」を選択し、「次へ」をクリックします。

4.「クラウド監視を構成する」を選択し、「次へ」をクリックします。

5.Azure Portal で作成した、ストレージアカウントとアカウントキーを入力し、「次へ」をクリックします。
アクセスキーは、「ホーム」>「ストレージアカウント」>作成したアカウント>「アクセス キー」にあります。

6.「次へ」をクリックします。

7.「完了」をクリックします。

8.フェールオーバー クラスタマネジャーのクラスタ コア リソースに「クラウド監視」が表示されます。

Windows Server 2019 記憶域スペースダイレクト 検証環境構築

2ノードの記憶域スペースダイレクト を検証する環境を構築していきます。
OSのインストール、OSやドライバーの最新化、ドメインの参加まで終わったサーバーで始めます。
ドメインの管理者アカウントを使って作業をしていきます。

1.サーバー2台に役割と機能を追加します。

$ServerList = "S2DSV01", "S2DSV02"
$FeatureList = "Hyper-V", "Failover-Clustering", "Data-Center-Bridging", "RSAT-Clustering-PowerShell", "Hyper-V-PowerShell", "FS-FileServer", "Hyper-V-Tools", "RSAT-Clustering-Mgmt"
Invoke-Command ($ServerList) {
    Install-WindowsFeature -Name $Using:Featurelist
}

2.再起動後、物理ドライブの初期化を行います。
今回接続されている物理ドライブは、SSD2個、HDD2個、USB1個です。

$ServerList = "S2DSV01", "S2DSV02"
Invoke-Command ($ServerList) {
    Update-StorageProviderCache
    Get-StoragePool | ? IsPrimordial -eq $false | Set-StoragePool -IsReadOnly:$false -ErrorAction SilentlyContinue
    Get-StoragePool | ? IsPrimordial -eq $false | Get-VirtualDisk | Remove-VirtualDisk -Confirm:$false -ErrorAction SilentlyContinue
    Get-StoragePool | ? IsPrimordial -eq $false | Remove-StoragePool -Confirm:$false -ErrorAction SilentlyContinue
    Get-PhysicalDisk | Reset-PhysicalDisk -ErrorAction SilentlyContinue
    Get-Disk | ? Number -ne $null | ? IsBoot -ne $true | ? IsSystem -ne $true | ? PartitionStyle -ne RAW | % {
        $_ | Set-Disk -isoffline:$false
        $_ | Set-Disk -isreadonly:$false
        $_ | Clear-Disk -RemoveData -RemoveOEM -Confirm:$false
        $_ | Set-Disk -isreadonly:$true
        $_ | Set-Disk -isoffline:$true
    }
    Get-Disk | Where Number -Ne $Null | Where IsBoot -Ne $True | Where IsSystem -Ne $True | Where PartitionStyle -Eq RAW | Group -NoElement -Property FriendlyName
} | Sort -Property PsComputerName, Count

3.クラスタを構築する前に、検証を実施します。
Include パラメータを指定するとエラーになってしまったので、今回は、Include パラメータは指定しませんでした。

Test-Cluster –Node s2dsv01, s2dsv02

4.クラスタを構築します。
サーバーのIPアドレスが静的である場合は以下のコマンドを使用します。

New-Cluster -Name S2DSV -Node S2DSV01,S2DSV02 -NoStorage –StaticAddress XXX.XXX.XXX.XXX

5.管理ツールを使用してクラスタの構成を確認およびクラスターの監視の構成します。
特にDNSにクラスタ名(ここではS2DSV)に登録されるのに時間がかかる場合があるので、Ping コマンドなどで確認することをお勧めします。
フェールオーバークラスタマネージャーのクラスタコアリソースがすべてオンラインであることを確認することもお勧めします。

6.記憶域スペースダイレクトを有効にします。
特にDNSにクラスタ名(ここではS2DSV)に登録されるのに時間がかかる場合があるので、Ping コマンドなどで確認することをお勧めします。

Enable-ClusterStorageSpacesDirect -CimSession S2DSV

7.Admin Center のダッシュボードで確認

Windows Server 2019 のインストール

構築したサーバーに Windows Server 2019 Datacenter エディションをインストールします。
今回は、応答ファイル(AutoUnattend.xml)による自動インストールにしてみました。
使用した応答ファイルには、次の設定が自動的にインストールされるように設定されています。
この後、ホスト名の設定、ドメインの参加、リモートデスクトップの有効化を設定いたします。

1.インストールの言語、時刻と通貨の設定、キーボードまたは入力方式、キーボードの種類

2.プロダクトキー

3.インストールするOSの種類

4.インストール先の設定

5.Administrtorのパスワード設定

応答ファイルの中身は以下のとおりです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
    <settings pass="oobeSystem">
        <component name="Microsoft-Windows-International-Core" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <InputLocale>0411:E0010411</InputLocale>
            <SystemLocale>ja-JP</SystemLocale>
            <UILanguage>ja-JP</UILanguage>
            <UserLocale>ja-JP</UserLocale>
        </component>
        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <UserAccounts>
                <AdministratorPassword>
                    <Value>*********</Value>
                    <PlainText>false</PlainText>
                </AdministratorPassword>
            </UserAccounts>
            <TimeZone>Tokyo Standard Time</TimeZone>
        </component>
    </settings>
    <settings pass="windowsPE">
        <component name="Microsoft-Windows-International-Core-WinPE" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <InputLocale>0411:E0010411</InputLocale>
            <SystemLocale>ja-JP</SystemLocale>
            <UILanguage>ja-JP</UILanguage>
            <UserLocale>ja-JP</UserLocale>
        </component>
        <component name="Microsoft-Windows-Setup" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <DiskConfiguration>
                <Disk wcm:action="add">
                    <CreatePartitions>
                        <CreatePartition wcm:action="add">
                            <Order>1</Order>
                            <Size>560</Size>
                            <Type>Primary</Type>
                        </CreatePartition>
                        <CreatePartition wcm:action="add">
                            <Order>2</Order>
                            <Type>Primary</Type>
                            <Extend>true</Extend>
                        </CreatePartition>
                    </CreatePartitions>
                    <ModifyPartitions>
                        <ModifyPartition wcm:action="add">
                            <Order>1</Order>
                            <PartitionID>1</PartitionID>
                            <Active>true</Active>
                            <Extend>false</Extend>
                            <Format>NTFS</Format>
                            <Label>システムで予約済み</Label>
                        </ModifyPartition>
                        <ModifyPartition wcm:action="add">
                            <Order>2</Order>
                            <PartitionID>2</PartitionID>
                            <Format>NTFS</Format>
                            <Letter>C</Letter>
                            <Active>false</Active>
                            <Extend>false</Extend>
                        </ModifyPartition>
                    </ModifyPartitions>
                    <DiskID>0</DiskID>
                    <WillWipeDisk>true</WillWipeDisk>
                </Disk>
            </DiskConfiguration>
            <ImageInstall>
                <OSImage>
                    <InstallFrom>
                        <MetaData wcm:action="add">
                            <Key>/IMAGE/INDEX</Key>
                            <Value>2</Value>
                        </MetaData>
                    </InstallFrom>
                    <InstallTo>
                        <DiskID>0</DiskID>
                        <PartitionID>2</PartitionID>
                    </InstallTo>
                </OSImage>
            </ImageInstall>
            <UserData>
                <ProductKey>
                    <Key>*****-*****-*****-*****-*****</Key>
                </ProductKey>
                <AcceptEula>true</AcceptEula>
            </UserData>
        </component>
    </settings>
    <cpi:offlineImage cpi:source="wim:c:/install.wim#Windows Server 2019 SERVERDATACENTER" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />
</unattend>

新しいサーバーを構築してみました

自宅のサーバーがだいぶ古くなってきたので、サーバーを新調することにしました。
Windows Server だけで ハイパーコンバージドインフラ(HCI)が構築できるので、今回はこちらを試してみることにしました。

2019年3月27日に Microsoft は、HCI で仮想化アプリケーションを実行できる製品として「Azure Stack HCI」を発表しました。

今回構築したサーバーは次のとおりです。

CPU Intel Xeon E3-1235L v5 ×1
メモリ DDR4-2133 ECC-DIMM 16GB ×2
ディスク SSD SATA3.0 256GB
HDD SATA3.0 2TB
MLC USB3.0 64GB
×3
×3
×3
ネットワーク 10GB
1GB
×1
×2
マザーボード ASRock Rack C236WSI ×1
ケース SilverStone ML06-E ×1

SCCM 更新プログラムパッケージのインストールに失敗する

SCCM が更新プログラムパッケージのインストールが前提条件の確認で失敗しました。

「Configuration Manager コンソール」で、 監視 > 概要 > 更新とサービスの状態 > ステータスの表示の順に展開します。
「前提条件の確認」、「サイトのアップグレードのための SQL Server 構成」がエラーとなっています。

システムログ (ConfigMgrPrereq.log)を確認すると以下の警告が記録されています。
WARNING: Invalid configuration – checked rule ‘Service broker is enabled’.

これは データベースのService broker の状態が enabled でないためです。
これを解決するには、以下の手順を実行します。

1.SQL Server Management Studio で以下のクエリを実行し、データベースの Service broker の状態を確認します。

クエリ SELECT is_broker_enabled FROM sys.databases WHERE name = ‘データベース名’;
結果 0(disabled)

2.以下のクエリを実行し、データベースの状態が enabled に変更できるか確認します。

クエリ ALTER DATABASE [データベース] SET ENABLE_BROKER WITH NO_WAIT;
結果 メッセージ 5070、レベル 16、状態 2、行 10
他のユーザーがデータベース ‘データベース名’ を使用しているときに、データベースの状態を変更することはできません
メッセージ 5069、レベル 16、状態 1、行 10
ALTER DATABASE ステートメントが失敗しました。

3.以下のクエリを実行します。

クエリ ALTER DATABASE [データベース] SET ENABLE_BROKER WITH ROLLBACK IMMEDIATE;
結果 限定されないトランザクションをロールバック中です。推定ロールバック完了率: 0%。
限定されないトランザクションをロールバック中です。推定ロールバック完了率: 100%。

4.再び、1.のコマンドを実行し、is_broker_enabled が「1」に変わったことを確認します。

5.「Configuration Manager コンソール」で 監視 > 概要 > 更新とサービスの状態 > インストールの再試行 の順に展開します。

Windows Server Essentials を中心とした雑記

中小企業で初めてサーバーを導入しようと思っている担当者向けにWindows Server Essentials や Small Business Server に関する情報を提供するブログです。

My Knowlage Base

ggrksといわれる前に。

Dj Saori's Hardstyle Life

Dj Saori in the Mix

exceedone (エクシード・ワン)

Just another WordPress.com site

WoodStreamのCtrl+Alt+Delete

WindowsやWindowsPhoneのお話をします。