Active Directory Certificate Services が起動していないと、リモートから Windows Server Essentilas ダッシュボードを起動すると接続(起動)ができません。

Windows Server Essentilas ダッシュボードでは、正常性の監視に「1つ以上のサービスが実行されていません」とエラーが表示されます。
詳細ペインには、実行されていないサービスは、Active Directory Certificate Services となっています。

早速、サービスの再起動を試みるために、管理ツールにある証明機関からサービスの再起動を実行します。
「Log file is corrupt 0x0」のエラーダイアログが表示され、再起動できません。

そこで、ログファイルの復旧を試みます。
1.コマンドプロンプトを管理者モードで起動し、修復モードで esentutl コマンドを実行します。

esentutl /p DOMAIN-SV001-CA.edb

2.次に整合性モードで esentutl コマンドを実行します。

esentutl /g DOMAIN-SV001-CA.edb

3.最後に回復モードで esentutl コマンドを実行します。

esentutl /r edb

次の画面のとおり、ログが壊れている場合は、エラーとなり復旧はできません。
その場合は、ログファイルを削除することで、サービスが再起動をすることがあります。
ログファイルの削除は、バックアップをしたうえで行ってください。

 

 

広告