新規に作成したグローバルアドレス帳一覧で表示されるメンバーを確認した時の作業φ(..)メモメモ

Exchange Server のアドレス帳ポリシーを使用することで、利用者ごとにオリジナルのアドレス帳を割り当てることができます。
アドレス帳ポリシーは、以下のコマンドで作成できます。

New-AddressBookPolicy -Name ‘新アドレス帳ポリシー名’ -GlobalAddressList ‘\カスタムグローバルアドレス一覧’ + $b -RoomList ‘\カスタム会議室” -OfflineAddressBook ‘\カスタムオフラインアドレス一覧’ -AddressLists ‘\カスタムアドレス一覧’

この作成したアドレス帳ポリシーにおいて、グローバルアドレス一覧およびアドレス一覧に表示されるメンバーを確認するには、以下のコマンドで確認できます。

【グローバルアドレス一覧のメンバー】

Get-Recipient -Filter {AddressListMembership -eq ‘CN=Custom GAL,CN=All Global Address Lists,CN=Address Lists Container,CN=First Organization,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=CONTOSO,DC=local’}

【アドレス一覧のメンバー】

Get-Recipient -Filter {AddressListMembership -eq ‘CN=Custom AddressListList,CN=All Address Lists,CN=Address Lists Container,CN=First Organization,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=CONTOSO,DC=com’}
広告