Azure Virtual Network と連携した Windows Server Essentials を再起動すると、Azure とは、VPN 接続が切断された状態になります。
そのため、サーバー再起動後はVPN接続を有効にする必要があります。

2017年2月現在、「Azure Vnetに接続」をクリックしてもVPN接続はできませんでした。
現時点での回避方法はとおりとなります。

1.「VPNデバイスの切り替え」を選択します。
wse16_vnet_013

2.「このネットワークで Windows Server をVPNサーバーとして使用する」を選択し、「完了」をクリックします。
wse16_vnet_014

3.VPNデバイスの再構成が行われます。
「閉じる」をクリックします。
wse16_vnet_015

4.状態が「接続済み」となりAzure  Virtual Network と接続ができるようなります。
wse16_vnet_016

広告