WSUSの構成は、次の2つの手順が必要です。

  • WSUS設定ウィザードの実行
  • グループポリシーの設定

【WSUS設定ウィザードの実行(Windows Server 2016 ベース)】
1.サーバーマネージャーを起動し、「インストール後のタスクを起動する」をクリックします。
wse16_wsus_017

2.WSUS設定ウィザードが起動します。「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_018

3.「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_019

4.「Microsoft Update から同期する」を選択し、「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_020

5.「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_021

6.「接続の開始」をクリックします。
wse16_wsus_022

7.接続が完了したら、「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_023

8.更新する製品を選択し、「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_024

9.同期する更新プログラムの種類を選択し、「次へ」をクリックします。
このとき、定義更新プログラムは必ず選択します。
wse16_wsus_025

10.「自動で同期する」を選択し、同期の時刻を設定します。
「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_026

11.「初期同期を開始します」を選択し、「完了」をクリックします。
wse16_wsus_027

12.更新プログラムが同期されます。
wse16_wsus_031

【グループポリシーの設定】
1.以下の設定のグループポリシーオブジェクトを作成します。
「コンピューターの構成」>「ポリシー」>「管理用テンプレート」>「Windows コンポーネント」>「Windows Update」の「イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する」を有効にし、「http://サーバー名:8530」を入力します。
wse16_wsus_030

2.作成したグループポリシーオブジェクトをリンクします。

広告