Windows Server 2016 Essentials  で Windows Defender を有効にした場合、正常性の監視において「重要な更新プログラムをインストールする必要があります」と警告が表示されます。これは、Windows Defender の定義ファイルの更新が必要となる場合に表示されます。
wse16_wsus_000

Windows Defender の定義ファイルの更新の度にアラートがあがるのは、運用が大変になるので、WSUSを導入することで、この問題を解消します。

WSUSのインストール先は、Windows Server Essentials ネットワークで管理しているWindows Server へインストールします。

Windows Server Essentials へインストールする手順は、次のとおりです。

【WSUSの役割のインストール】
1.サーバーマネージャーの「管理」にある「役割と機能の追加」をクリックします。
wse16_wsus_002

2.「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_003

3.「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_004

4.インストールするサーバーを選択し、「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_005

5.Windows Server Update Services を選択し、「次へ」をクックします。
wse16_wsus_006

6.「機能の追加」をクリックします。
wse16_wsus_007

7.「次へ」を2回クリックします。
wse16_wsus_010

8.「次へ」をクリックします。。
wse16_wsus_011

9.「次へ」をクリックします。
wse16_wsus_012

10.更新プログラムの保存先を選択し、「次へ」をクリックします。
「更新プログラムをサーバーへ保存しない」という選択もできます。
wse16_wsus_013

11.「インストール」をクリックします。
wse16_wsus_014

12.「閉じる」をクリックします。
wse16_wsus_016

広告