Windows Server Essentials と Azure Virtual Networkと連携すると、次のようなことができるようになります。

  • Azure 上のVirtial Machine をダッシュボードで管理できるようになる
  • Azure 上のファイルサーバーをサーバーフォルダーとして利用ができる

VPN を構築するデバイスとして、Windows Server や VPN ルーターが選択することができます。
Azure Virtual Networkと連携 する手順は、以下の通りです。

1.ダッシュボードのホームにあるサービスを選択し、Azure Virtual Network をクリックします。
「Azure Virtual Network の統合」をクリックします。
wse16_setup_400_

2.「サインイン」をクリックし、Microsoft Azure サブスクリプションのアカウントを入力します。
wse16_setup_402

3.サブスクリプションを確認し、「次へ」をクリックします。
wse16_setup_403_

4.「Azure Virtual Network」と「ローカルネットワーク」のリソース名を入力、Azure Virtual Networkを構築する「場所」を選択し、「次へ」をクリックします。
wse16_setup_404_

5.VPNデバイスの選択をし、「次へ」をクリックします。
Windows Server を構成して、VPNデバイスすることも、VPNルーターを使用することも選択することができます。
ここでは、Windows Server Essentilas を選択します。
wse16_setup_405_

6.「閉じる」をクリックします。
wse16_setup_1019

7.Azure のVMをダッシュボードで管理できるようになります。
wse16_setup_408

広告