Windows Server Essentials では、Office365 の統合をおこなうと、Microsoft クラウド アカウント(Microsoft Azure Active Directory のユーザー)と連携することが簡単にできます。
Microsoft クラウド アカウントの連携は以下のとおりになります。

【アカウント作成時】

  • 新規にMicrosoft アカウントを作成する
  • 既存のMicrosoft アカウントを割り当てる

【既存のユーザーグループ】

【既存のアカウントに対し、既存のMicrosoft クラウド アカウントを割り当てる】
※事前にOffice365 の統合をしておく必要があります。
※画像は、Windows Server 2016 Essentials のものです。
1.Microsoft クラウド アカウントの割り当てを行うユーザーを選択し、「Microsoft Cloud アカウントを割り当てる」をクリックします。
wse16_setup_143

2.「既存のMicrosoft クラウドサービスアカウントをこのユーザーアカウントに割り当てる」を選択し、割り当てるMicrosoft クラウドサービスアカウントを選択して、「次へ」をクリックします。
wse16_setup_144

3.「閉じる」をクリックします。
wse16_setup_145

4.Microsoft クラウドアカウントが割り当てられました。
wse16_setup_145_

広告