Microsoft Azure で作成したWindows Server 2016 の仮想マシンは英語の環境で作成されます。
日本語化の手順は、以下のとおりです。

  • 日付と時刻の設定を変更します。
  • 言語を追加します。
  • 日本語の設定をします。
  • サーバーを再起動します。

【Microsoft Azure の仮想マシンを日本語化する】
1.Control Panel (コントロールパネル)を開き、「Clock,Language,and Region」をクリックします。
azure014

2.「Date and Time」をクリックします。
Azure015.png

3.「Change date and time」をクリックします。
Azure016.png

4.「Time zone」を(UTC +09:00) Osaka, Sapporo, Tokyo を選択し、「OK」をクリックします。
Azure018.png

5.「Language」をクリックします。
Azure015_2.png

6.「Add a language」をクリックします。
Azure020.png

7.「日本語」を選択し、「Add」をクリックします。
Azure021.png

8.「Move down」をクリックします。
azure022

9.「Options」をクリックします。
Azure023.png

10.「Download and install language pack」をクリックし、日本語の言語パックをインストールします。
Azure024.png

11.「Close」をクリックします。
Azure027.png

12.「Change date, time, or number formats」をクリックします。
Azure028.png

13.Format タブにある「Format」を「Japanese(Japan)」へ変更し、「Apply」をクリックします。
Azure031.png

14.Locationタブにある「Home location」を「Japan」へ変更し、「Apply」をクリックします。
Azure030.png

15.Administrativeタブの「Cahange system locate」をクリックします。
Azure032.png

16.「Current system locate」を「Japanese(Japan)」へ変更し、「OK」をクリックします。
Azure034.png

17.「Cancel」をクリックします。
azure035

18.Administrativeタブの「Copy settings」をクリックします。
Azure036.png

19.「Welcome screen and system accounts」、「New user accounts」にチェックをいれ、「OK」をクリックします。
Azure038.png

20.「Restart now」をクリックして、サーバーを再起動します。
Azure039.png

広告