Windows Server 2016 Essentials を使っていくとユーザーアカウントが 25ユーザー以上になってしますことがあります。
その場合には、Windows Server 2016 Essentials を Standard へアップグレードすることによって、100ユーザーまでそのまま使い続けることができます。
ライセンスは変更(CALが必要)になりますので、ご注意ください。

Windows Server 2016 Essentials は、Standard へのアップグレードは、コマンドによって行います。
アップグレードの方法は、Windows Server 2012 R2 EssentialsWindows Server 2012 Essentials と同じです。

1.PowerShell を管理者で実行し、次にコマンドを入力します。

dism /online /set-edition:ServerStandard /accepteula /productkey:Product Key
Windows PowerShell
Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.
PS > dism /online /set-edition:ServerStandard /accepteula /productkey:Product Key展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.14393.0イメージのバージョン: 10.0.14393.0コンポーネントの更新を開始しています…
プロダクト キーのインストールを開始しています…
プロダクト キーのインストールが完了しました。パッケージ Microsoft-Windows-ServerSolutionEdition~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.14393.0 を削除しています
[==========================100.0%==========================]
コンポーネントの更新が完了しました。エディション固有の設定の適用を開始しています…
エディション固有の設定の適用が完了しました。

操作は正常に完了しました。
Windows を再起動してこの操作を完了してください。
今すぐコンピューターを再起動しますか? (Y/N)

2.再起動後、Standard に変更されています。

広告