仮想マシンの起動をすると以下のエラーが発生し、起動できないことがあります。

‘Windows Server 2016’ は起動できませんでした。

Microsoft Emulated IDE Controller (インスタンス ID yyyyyyyy-yyyy-yyyy-yyyy-yyyyyyyyyyyy): 電源をオンにできませんでした。エラー ‘エラー: 一般のアクセスが拒否されました’。

IDE/ATAPI アカウントには、アタッチメント ‘E:\Windows Server 2016\Virtual Hard Disks\Disk1.avhdx’ を開くのに十分な特権がありません。エラー: ‘エラー: 一般のアクセスが拒否されました’。

Hyper-V 仮想マシン管理サービス アカウントには、アタッチメント ‘E:\Windows Server 2016\Virtual Hard Disks\Disk1.avhdx’ を開くのに十分な特権がありません。エラー: ‘エラー: 一般のアクセスが拒否されました’。

これは、ファイルをコピーなどしてアクセス権が変更された場合にアクセス権の不整合によるエラーのため起動ができない状況です。
この場合は、正しいアクセス権を付与することで、正常に起動できるようになります。
以下のコマンドで、アクセス権を付与します。

icacls アクセス権を変更したいファイル /grant “NT VIRTUAL MACHINE\仮想マシン ID xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx”:(F)

忘れないようにメモ

広告