Windows Server Essentials で、更新プログラムの利用を有効にすると、Windows Update の設定は、以下のとおり設定されます。
・更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)
WSE12R2_WU_002

インターネット回線の帯域を圧迫してしまう、更新プログラムのインストールが行われるとサーバー機能のレスポンスが悪くなるなど、業務に支障が起きている場合には、更新プログラムのインストールを手動で行うことができます。

更新プログラムのインストールを手動で行う場合には、以下の手順で手動で変更します。
ただし、設定変更を行った場合は、セキュリティ上のリスクが高まりますので、できるだけ速やかに更新プログラムを適用するようにしてください。

1.ダッシュボードを起動します。
Ess_HS_002

2.「設定」の「全般」ページにある「更新プログラムの変更/インストール」をクリックします。
PowerOff_002

3.「設定の変更」をクリックします。
WSE12R2_WU_001

4.「重要な更新プログラム」を以下のものを設定します。
・更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択します。
・更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する。
WSE12R2_WU_003

5.「OK」をクリックします。

広告