Archive for 4月, 2015


Windows Server Essentials では、Office 365 と連携によって、Exchange Online の一部機能を管理することができます。
Exchange Online のそれ以外の機能は、以下の PowerShell コマンドを実行することで、リモート管理ができるようになります。

$UserCredential = Get-Credential
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session

 

広告

Windows Server Essentials では、Office 365 と連携によって、SharePoint Online のサイトの管理をすることができます。
SharePoint Online のそれ以外の機能をリモート管理するには、SharePoint Online Management Shell をインストールする必要があります。

SharePoint Online Management Shell

インストールが終了したら、SharePoint Online に接続します。
・SharePoint Online Management Shell を実行する場合

$credential = Get-Credential
$url = “https://サブドメイン名-admin.sharepoint.com”
Connect-SPOService -Url $url -credential $credential

・Windows PowerShell を実行する場合

Import-Module Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell -DisableNameChecking
$credential = Get-Credential
$url = “https://サブドメイン名-admin.sharepoint.com”
Connect-SPOService -Url $url -credential $credential

Windows Server Essentials では、Office 365 と連携していますが、Lync Online は直接利用しません。
そこで、Lync Online を リモート管理できるようにLync Online Connector モジュールをインストールする必要があります。
インストールするのは、以下の2つです。

IT プロフェッショナル 用 Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTW
Lync Online Connector モジュール

インストールが終了したら、Lync Online へ接続します。

Import-Module LyncOnlineConnector
$credential = Get-Credential
$lyncSession = New-CsOnlineSession -Credential $credential
Import-PSSession $lyncSession

Windows Server Essentials では、Office 365 と連携するために、専用のOffice 365 統合モジュールをインストールします。
PowerShell を使い、より高度に Azure Active Directory を管理するには、Azure ADモジュールをインストールする必要があります。
インストールするのは、以下の2つです。

 IT プロフェッショナル 用 Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTW
Azure Active Directory Module for Windows PowerShell (64 ビット バージョン)

インストールが終了したら、Azure ADに接続します。
・Windows PowerShell 用 Windows Azure Active Directory モジュールを実行する場合

$msolcred = Get-Credential
Connect-Msolservice -Credential $msolcred

・Windows PowerShell を実行する場合

Import-Module MSOnline
$msolcred = Get-Credential
Connect-Msolservice -Credential $msolcred

Windows Server Essentials には、データ保護機能として、サーバーバックアップとクライアントバックアップがあります。
例えば、クライアントバックアップフォルダーもサーバーバックアップに含めることができますが、クライアントのバックアップとサーバーのバックアップを2重に取得することになります。

そこで、クライアントバックアップフォルダーをサーバーバックアップの対象に含めない場合の
クライアントコンピューターのバックアップは、次の通りになります。

保護するデータの種類 Windows Server Essentials
コネクターなし
(参考)
Windows Server Essentials コネクター あり
グループポリシー
設定 なし(既定)
グループ ポリシー
設定 あり
システム OS標準バックアップ クライアントバックアップ クライアントバックアップ
ユーザープロファイル サーバーバックアップ
共有データー サーバーバックアップ サーバーバックアップ サーバーバックアップ

Windows Server Essentials コネクター構成ウィザードを実行すると、既存ユーザーのユーザープロファイルを Windows Server Essentials のドメインユーザーのプロファイルへ移行することができますが、クライアントのOSによって移行の方法が変わるので注意が必要です。

OS ユーザープロファイルの移行
Windows 7 自動
Windows 8 手動(移行ツール利用可)
Windows 8.1 手動(移行ツール利用不可)

Windows Server Essentials は、ダッシュボードからサーバーのシャットダウンや再起動を行うことができます。
これは、停電時やハードディスクの追加などのメンテナンスなどサーバーをシャットダウンしなければならないときに利用します。

1.ダッシュボードの右上にある「設定」をクリックします。
PowerOff_001

2.左下にある電源マークをクリックして、サーバーのシャットダウン(再起動)を実行します。
PowerOff_002

自宅のWindows Server 2012 R2 Essentials のシステムドライブをハードディスク(HDD)からSSDへ交換することにしました。
ディスクの交換は、サーバーバックアップ機能を利用します。

1.サーバーバックアップの実行

2.ディスクをHDDからSSDへ物理交換

3.インストールメディアからサーバーを起動し、「次へ」をクリックします。
HDD2SSD_001

4.「コンピューターを修復する」をクリックします。
HDD2SSD_002

5.トラブルシューティングをクリックします。
HDD2SSD_003

6.「イメージでシステムを回復」をクリックします。
HDD2SSD_004

7.「次へ」をクリックします。
HDD2SSD_005

8.「システムドライブのみ復元する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
HDD2SSD_008

9.「はい」をクリックすると、システムディスクのみが復元されます。
HDD2SSD_010

10.復元が完了すると、自動的に再起動されます。
HDD2SSD_012