コンピューターを Windows Server Essentials に接続する方法は、次の3つがあります。

  • コネクター ソフトウエアをインストール したコンピューター(標準)
  • Web ブラウザー(RWAの機能を有効にしている場合)
  • ストアアプリ

これらを使い分けることで Winodws Server Essentilas を様々なシーンで利用できます。
コネクタ ソフトウエア をインストールすると、正常性の確認やクライアントの自動バックアップの機能が利用できるようになります。コネクタ ソフトウエアのインストール方法は、本ブログでも紹介させていただきました。

コネクタ ソフトウエアをインストールできる条件は、次のとおりです。

  • Winodws Server Essentilas が実行されているサーバーと通信ができる
  • サポートされているオペレーティング システムである
  • インターネットに接続されている
  • .NET Framework 4.5 がインストールされている(できる)
  • コンピューターとサーバーの時刻が一致している
  • ブート パーティションが NTFS ファイル システムでフォーマットされている
  • コンピューター名が、15 文字以内(コンピューター名に、アンダー スコアが含まれていない)
  • 別のActive Directory ドメインへ 参加していない

 

広告