Office 365 の契約変更などで、Office 365 のテナントが変わった場合、Windows Server Esseintials に統合されたOffice 365 も変更する必要があります。

手順は、以下の通りです。
・既存のOffice 365 の統合を無効にする
・Azure Active Directory の統合を無効にする
・新しくOffice 365 の統合を有効にする

【既存のOffice 365 の統合を無効にする】
1.ダッシュボート上の Office 365 にある「Office365統合を無効にする」をクリックします。
ChangeO365_001_

2.「Microsoft Office 365 統合を無効にした場合の上記の結果について理解しています。」にチェックし、「次へ」をクリックします。
ChangeO365_003

3.「閉じる」をクリックします。
ChangeO365_004

4.ダッシュボードのホームにあるサービスをクリックし、「Microsoft Office 365との統合」無効になっていることを確認します。
「Microsoft Azure Active Directory との統合」をクリックします。
ChangeO365_005

【Azure Active Directory の統合を無効にする】
1.ダッシュボードのホームにあるサービスを選択し、「統合を無効にする」をクリックします。
ChangeO365_006

2.「Microsoft Online Service 統合を無効にした場合の上記の結果について理解しています。」にチェックし、「次へ」をクリックします。
ChangeO365_008

7.「閉じる」をクリックします。
ChangeO365_009

8.Microsoft Azure Active Directory との統合が無効になってることを確認します。
ChangeO365_010

【新しいOffice 365 の統合を有効にする】
1.ダッシュボードのサービスを選択し、「Microsoft Office365 との統合」をクリックします。
ChangeO365_012

2.「既にサブスクリプションがあります。」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
ChangeO365_014

3.新しい Office 365 のユーザー名とパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
ChangeO365_015

4.「このウィザードでパスワードポリシーが[とても強い]に設定されることを理解しています。」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
ChangeO365_016

5.「ダッシュボードの再起動」をクリックします。
ChangeO365_017

6.ダッシュボードのOffice 365 タブで、新しいOffice 365 の情報が表示されていることを確認します。
ChangeO365_018_

広告