前回は、Windows Server Essentials において、クライアントの復元に使用する回復キーをWindows ADK に含まれるコマンドを使って、単一ブートエントリのISOファイルの作成する方法を紹介しました。

Windows Server Essentials の回復キーを作成する ~ISOファイル 単一ブート エントリ 編~
前回紹介した方法では、単一ブートエントリのため、BIOS用 と UFEI用のファイルがそれぞれに分かれてしまいます。

そこで、今回はマルチブートエントリを使って、BIOS と UFEIを1つのファイルで利用できるようにします。

マルチブートエントリのISOファイルを作成する構文は、「Oscdimg  -m -o -u2 -udfver102 <ブートエントリの指定> <ISOファイルの元> <ISOファイルの出力先>」となります。

ブートエントリは「ブートエントリ数#最初のブートエントリ#2番目のブートエントリ」となり、ハッシュ記号(#)を使って各項目を区切ります。
例: -bootdata:2#p0,e,bEtfsboot.com#pEF,e,bEfisys.bin

C:>oscdimg -m -o -u2 -udfver102 -bootdata:2#p0,e,bE:\Temp\etfsboot.com#pEF,e,bE:\Temp\efisys.bin “C:\ProgramData\Microsoft\Windows Server\Data\ClientRestore\8.100.25984_8.100.25984_6.3.9600.16384411” E:\Temp\ClientRestore.iso

OSCDIMG 2.56 CD-ROM and DVD-ROM Premastering Utility
Copyright (C) Microsoft, 1993-2012. All rights reserved.
Licensed only for producing Microsoft authorized content.
Scanning source tree
Scanning source tree complete (188 files in 136 directories)

Computing directory information complete

Image file is 694190080 bytes (before optimization)

Writing 188 files in 136 directories to E:\Temp\ClientRestore.iso

100% complete

Storage optimization saved 11 files, 12722176 bytes (2% of image)

After optimization, image file is 682135552 bytes
Space saved because of embedding, sparseness or optimization = 12722176

Done.

広告