Archive for 8月, 2014


Windows Server Essentials を構成するまえに、ServerAdmin$ サービスアカウントで、サービスが起動できるようにする必要があります。
移行の準備が完了したら、Windows Server Essentilas の移行ウィザードを実行します。

1.グループポリシーの管理を開きます。
image64

2.[フォレスト:<ドメイン名>] 、[ドメイン]、[<ドメイン名>]、[グループポリシー オブジェクト]の順に展開し、[Default Domain Contorolers] を右クリックし、 [編集]をクリックします。
image66

3.[ポリシー] 、[Windows の設定]、[セキュリティの設定]、[ローカルポリシー] 、[ユーザーの権利の割り当て]の順に展開し、[サービスとしてログオン] を選択します。
image67

4.以下のアカウントを追加します。
・<ドメイン名>\ServerAdmin$
・<ドメイン名>\MediaAdmin$
image68

5.Windows Server Essentilas の構成 ウィザードを実行します。
image70

6.構成が完了しました。
image72

広告

Windows Server 2012 R2 Essenntialsのインストール、既存ドメインへの接続が終わったら、既存サーバーからFSMOを転送します。
FSMOの転送は、コマンドプロンプトで行います。

1.コマンドプロンプトを管理者として実行して、以下のコマンドを入力し、現在のFSMOの状態を確認します。

NETDOM QUERY FSMO

image51

2.以下のコマンドを入力します

ntdsutil

image52

3.以下のコマンドを入力します。

roles

image53

4.以下のコマンドを入力します。

connections

image54

5.以下のコマンドを入力します。

connect to server <移行先サーバー名>

image55

6.以下のコマンドを入力します。

q

image56

7.以下のコマンドを入力します。

transfer PDC

image57

8.以下のコマンドを入力します。

transfer infrastructure master

image58

9.以下のコマンドを入力します。

transfer naming master

image59

10.以下のコマンドを入力します。

transfer RID master

image60

11.以下のコマンドを入力します。

transfer schema master

image61

12.以下のコマンドを2回入力します。

q

image62

13.以下のコマンドを入力し、FSMOが転送されてことを確認します。

NETDOM QUERY FSMO

image63

Windows Server 2012 R2 Essentials を移行用にインストールしたのちに、既存のドメインに接続します。
既存ドメインに接続するためには、移行に使用するアカウントが Enterprise Admins、Schema Admins、および Domain Admins のセキュリティグループに所属している必要があります。
既存のドメインに接続する前に、ホスト名の変更、Active Directory ドメインサービスの役割のインストールをしておく必要があります。
この手順は、移行先として、Windows Server 2012 R2 Standard および DataCenter にWindows Server Essentials エクスペリエンスをインストールする場合においても同じです。

【ホスト名の変更】
1.PowerShell で以下のコマンドを入力します。

Rename-Computer -NewName <移行先サーバー名> -Force -Restart

【Active Directory ドメインサービスの役割のインストール】
1.PowerShell で以下のコマンドを入力します。

Add-WindowsFeature AD-Domain-Services, RSAT-ADDS-Tools

【既存ドメインに接続(Active Directory ドメインサービスを構成)】
1.サーバーマネジャーを起動し、「このサーバーをドメインコントローラーに昇格する」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_124

2.「選択」をクリックし、ドメイン情報と資格情報を入力します。
※既定で「既存のドメインにドメインコントローラーを追加する」が選択されています。
SBS03to12R2ESS_125

3.サービス復元モードのパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_127

4.「次へ」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_128

5.「次へ」をクリックします。
※レプリケート先として、移行元サーバーを直接指定してもかまいません。
SBS03to12R2ESS_129

6.「次へ」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_130

7.「次へ」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_131

8.「次へ」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_132

9.前提条件のチェックが終了したら、「インストール」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_133

11.インストールが完了すると、サーバーが再起動されます。
SBS03to12R2ESS_109

以前のWindows SBS や Windows Server Essentials からWindows Server 2012 R2 Essentials へ移行するためにWindows Server 2012 R2 Essentialsをインストールします。このインストールは、通常のインストールはと異なる方法でインストールする必要があります。

1.インストール用DVDからサーバーを起動し、「次へ」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_101

2.「今すぐインストール」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_102

3.プロダクトキーを入力し、「次へ」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_103

4.「同意します。」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_104

5.「カスタム:Windows のみをインストールする」を選択します。
SBS03to12R2ESS_105

6.インストール先ディスクを選択し、「次へ」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_106

7.インストールが始まります。
SBS03to12R2ESS_107

8.パスワードを入力し、「完了」をクリックします。
SBS03to12R2ESS_108

9.サインインします。
SBS03to12R2ESS_109

10.サインインごWindows Server Essentials の構成ウィザードが自動的に起動します。
SBS03to12R2ESS_110

11.前提条件の確認が終了したら、「キャンセル」をクリックし、ウィザードを中止します。
SBS03to12R2ESS_111

Windows Server 2012 R2 Essentials の移行では、Windows Small Business Server 2003 Standard のフォレストの機能レベルを手動で亜が得る必要があります。

1.「Active Directory ドメインと信頼関係」を起動します。
4-1-1-001

2.Active Directory ドメインと信頼関係 を右クリックし、「フォレストの機能レベルを上げる」をクリックします。
4-1-1-002

3.利用可能なフォレストの機能レベルが「Windows Server 2003」であることを確認し、「上げる」をクリックします。
4-1-1-003

4.「OK」をクリックします。
4-1-1-004

5.「OK」をクリックします。
4-1-1-005

Windows Server 2003 のサポートが2015年7月15日に終了します。
同時に、Windows Small Business Server 2003 Standard のサポートも終了となります。

Windows Small Business Server 2003 Standard からWindows Server 2012 R2 Essentialsへの移行 する手順は以下の通りになっています。
特にWindows Server 2012 R2 Essentials のインストールは、今までとは異なり、自動的に移行するツールやウィザードはありません。
手動で行う必要があります(太字)。
また、Windows Small Business Server 2003 Standard ではフォレストの機能レベルを「Windows Server 2003」へ上げる必要もあります(太字)。
移行後は、不要なアカウント削除等の追加タスクがあります(太字)。

【Windows Small Business Server 2003 Standardから移行手順】