Windows Server Essentials の Anywhwere Access を有効にすると、VPN を有効にすることができます。
WSE_RSATMgmt_000

VPNの設定情報を確認するために、管理ツールをインストールする必要があります。

1.PowerShell で、以下のコマンドを入力します。
Add-WindowsFeature –Name RSAT-RemoteAccess-MGMT

2.インストールされたルーティングとリモートアクセスを起動し、プロパティを選択します。
VPNが設定されている場合の各設定は、以下の通りです。
「全般」タブ
WSE_RSATMgmt_001

「セキュリティ」タブ
WSE_RSATMgmt_002

「セキュリティ」の認証方法
WSE_RSATMgmt_003

「IPv4」タブ
WSE_RSATMgmt_004

「IPv6」タブ
WSE_RSATMgmt_005

「IKEv2」タブ
WSE_RSATMgmt_006

「PPP」タブ
WSE_RSATMgmt_007

「ログ」タブ
WSE_RSATMgmt_008

広告