DHCP の機能を Windows Server Essentials へ追加するために「DHCP サーバー」の役割を追加したら、DHCP機能を構成(スコープの作成)する必要があります。

1.DHCP の管理コンソールを開きます。
IPv4 を右クリックし、新しいスコープの作成をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_016

2.「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_017

3.スコープ名を入力し、「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_018

4.IPアドレスの情報を入力し、「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_019

5.必要に応じて、除外するIPアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_020

6.IPアドレスが利用できる期間(既定では8日間)を設定し、「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_021

7.オプションの構成(ゲートウェイ、DNSサーバー、WINSサーバー)の有無(既定では、構成する)を選択し、「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_022

8.ルーターのIPアドレスと同じであることを確認して、「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_023

9.Windows Server Essentials のIPアドレスとドメイン名が同じであることを確認して、「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_024

10.ここでは、何も入力されていないことを確認して、「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_025

11.DHCPサーバーの構成を有効にするために、「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_026

12.「完了」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_027

13.管理コンソールに新しいスコープが表示されています。
WS12R2ESS_DHCP_028

11.

広告