Windows Server Essentials では、DHCPサーバーがネットワークに存在していることが前提となっています。
しかし、DHCPサーバーがネットワークがネットワークにない場合には、Windows Server Essentials にDHCPサーバーの機能を追加することができます。

なお、DHCPサーバーの機能をインストールすると、「クライアント復元サービス」を再構成する必要があります。
DHCPサーバーの機能をインストール は、Windows Server Essentials のダッシュボードのセットアップ前に行うことをお勧めします。
また、Windows Server Essentials サーバーのIPアドレスを固定IPアドレスに変更する必要があります。

まずは、Windows Server Essentials にDHCPサーバーの役割を追加します。
1.サーバーマネージャーの「役割と機能の追加」をクリックします。
ws12r2ess_DHCP_001

2.「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_002

3.「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_003

4.「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_004

5.「DHCPサーバー」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_005

6.「機能の追加」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_006

7.「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_007

8.「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_008

9.「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_009

10.「インストール」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_010

11.インストールが開始されます。
WS12R2ESS_DHCP_011

12.「DHCP構成を完了する」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_012

13.「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_013

14.承認するための資格情報を設定し、「コミット」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_014

15.「閉じる」をクリックします。
WS12R2ESS_DHCP_015

続いて、DHCPを構成します。

広告