Windows Server Essentials で記憶域を暗号化して、セキュリティ強化をします。

ハードウェア上で、TPMが利用できるようになっている必要があります。

1.サーバーマネージャーで「役割と機能の追加」をクリックします。
ws12r2ess_Bitlocker_001

2.「次へ」をクリックします。
ws12r2ess_Bitlocker_002

3.「次へ」をクリックします。
ws12r2ess_Bitlocker_003

4.「次へ」をクリックします。
ws12r2ess_Bitlocker_004

5.「BitLockerドライブ暗号化」をクリックします。
ws12r2ess_Bitlocker_005

6.「機能の追加」をクリックします。
ws12r2ess_Bitlocker_006

7.必要に応じて、「BitLockerネットワーク ロック解除」にチェックを入れて、「次へ」をクイックします。
ws12r2ess_Bitlocker_007

8.「インストール」をクリックします。
ws12r2ess_Bitlocker_008

9.インストールが完了します。
ws12r2ess_Bitlocker_010

10.以下の Powershell コマンドを入力します。

PS> Enable-BitLocker -MountPoint “C:” -TpmProtector -EncryptionMethod Aes128
警告: 必要な操作:

1. ハードウェア テストを実行するには、コンピューターを再起動します
(コマンド ラインの説明については、「get-help Restart-Computer」と入力してください)。

ComputerName: WS12R2ESS

VolumeType Mount CapacityGB VolumeStatus Encryption KeyProtector
Point Percentage
———- —– ———- ———— ———- ————
OperatingSystem C: 232.54 FullyDecrypted 0 {Tpm}

11.再起動すると指定したドライブの暗号化がはじまります。
ws12r2ess_Bitlocker_011

広告