Windows Server  Essentials への移行において、FSMO を移行元サーバー(sv01)から移行先サーバー(sv02)へ移行させる必要があります。

FSMO の移行は、 ntdsutil コマンドを使っておこないます。

transfer PDC
transfer infrastructure master
transfer naming master
transfer RID master
transfer schema master

しかし、「要求された FSMO の操作に失敗しました。現在の FSMO の所有者に接続できませんでした。」とエラー表示され、FSMOの移行が失敗してしまうことがあります。

この場合は、次のコマンドを使って強制的に移行させることができます。

seize PDC
seize infrastructure master
seize naming master
seize RID master
seize schema master

実際のコマンドの実行結果です。

C:\>ntdsutil
ntdsutil: activate instance NTDS
アクティブ インスタンスが “NTDS” に設定されました。ntdsutil: rolesfsmo maintenance: connectionsserver connections: connect to server sv02
sv02 に結合しています…
ローカルでログオンしているユーザーの資格情報を使って sv02 に接続しました。
server connections: qfsmo maintenance: transfer PDC
ldap_modify_sW エラー 0x34(52 (利用できません).
Ldap 拡張エラーメッセージ 000020AF: SvcErr: DSID-03210581, problem 5002 (UNAVAILABLE), data 8456

Win32 エラー 0x20af(要求された FSMO の操作に失敗しました。現在の FSMO の所有者に接続できませんでした。)
)
エラー コードにより、接続、LDAP、または役割の転送エラーを示すことがあります。
サーバー “sv02” は 5 個の役割を認識しています
スキーマ – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
名前付けマスター – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
PDC – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
RID – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
インフラストラクチャ – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local

fsmo maintenance: seize PDC
強制前に PDC FSMO の安全転送を試みています。
ldap_modify_sW エラー 0x34(52 (利用できません).
Ldap 拡張エラーメッセージ 000020AF: SvcErr: DSID-03210581, problem 5002 (UNAVAILABLE), data 8456

Win32 エラー 0x20af(要求された FSMO の操作に失敗しました。現在の FSMO の所有者に接続できませんでした。)
)
エラー コードにより、接続、LDAP、または役割の転送エラーを示すことがあります。
PDC FSMO の転送に失敗しました。強制処理 (seize) 中です…
サーバー “sv02” は 5 個の役割を認識しています
スキーマ – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
名前付けマスター – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
PDC – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
RID – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
インフラストラクチャ – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local

fsmo maintenance: seize infrastructure master
強制前に infrastructure FSMO の安全転送を試みています。
ldap_modify_sW エラー 0x34(52 (利用できません).
Ldap 拡張エラーメッセージ 000020AF: SvcErr: DSID-03210397, problem 5002 (UNAVAILABLE), data 8456

Win32 エラー 0x20af(要求された FSMO の操作に失敗しました。現在の FSMO の所有者に接続できませんでした。)
)
エラー コードにより、接続、LDAP、または役割の転送エラーを示すことがあります。
infrastructure FSMO の転送に失敗しました。強制処理 (seize) 中です…
サーバー “sv02” は 5 個の役割を認識しています
スキーマ – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
名前付けマスター – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
PDC – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
RID – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
インフラストラクチャ – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local

fsmo maintenance: seize naming master
強制前に domain naming FSMO の安全転送を試みています。
ldap_modify_sW エラー 0x34(52 (利用できません).
Ldap 拡張エラーメッセージ 000020AF: SvcErr: DSID-03210397, problem 5002 (UNAVAILABLE), data 8456

Win32 エラー 0x20af(要求された FSMO の操作に失敗しました。現在の FSMO の所有者に接続できませんでした。)
)
エラー コードにより、接続、LDAP、または役割の転送エラーを示すことがあります。
domain naming FSMO の転送に失敗しました。強制処理 (seize) 中です…
サーバー “sv02” は 5 個の役割を認識しています
スキーマ – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
名前付けマスター – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
PDC – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
RID – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
インフラストラクチャ – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local

fsmo maintenance: seize RID master
強制前に RID FSMO の安全転送を試みています。
ldap_modify_sW エラー 0x34(52 (利用できません).
Ldap 拡張エラーメッセージ 000020AF: SvcErr: DSID-03210CB1, problem 5002 (UNAVAILABLE), data 8456

Win32 エラー 0x20af(要求された FSMO の操作に失敗しました。現在の FSMO の所有者に接続できませんでした。)
)
エラー コードにより、接続、LDAP、または役割の転送エラー
を示すことがあります。
RID FSMO の転送に失敗しました。強制処理 (seize) 中です…
ドメインの最高値の RID プールを検索しています
サーバー “sv02” は 5 個の役割を認識しています
スキーマ – CN=NTDS Settings,CN=sv01,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
名前付けマスター – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
PDC – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
RID – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
インフラストラクチャ – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local

fsmo maintenance: seize schema master
強制前に schema FSMO の安全転送を試みています。
ldap_modify_sW エラー 0x34(52 (利用できません).
Ldap 拡張エラーメッセージ 000020AF: SvcErr: DSID-03210397, problem 5002 (UNAVAILABLE), data 8456

Win32 エラー 0x20af(要求された FSMO の操作に失敗しました。現在の FSMO の所有者に接続できませんでした。)
)
エラー コードにより、接続、LDAP、または役割の転送エラーを示すことがあります。
schema FSMO の転送に失敗しました。強制処理 (seize) 中です…
サーバー “sv02” は 5 個の役割を認識しています
スキーマ – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
名前付けマスター – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
PDC – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
RID – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local
インフラストラクチャ – CN=NTDS Settings,CN=sv02,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=wssmb,DC=local

fsmo maintenance: q
ntdsutil: q

移行結果は、「NETDOM QUERY FSMO」コマンドで確認できます。

C:\>NETDOM QUERY FSMO
スキーマ マスター sv02.wssmb.local
ドメイン名前付けマスター sv02.wssmb.local
PDC sv02.wssmb.local
RID プール マネージャー sv02.wssmb.local
インフラストラクチャ マスター sv02.wssmb.local
コマンドは正しく完了しました。
広告