Windows Server 2012 R2 Essentials では、新しいハードディスクを追加すると「正常性の監視」にアラートとして表示されます。
アラートのタスクを実行することによって、ディスクは以下の3種類の用途にすることができます。
○データディスク
○バックアップディスク
○記憶域

(データディスクにする場合)
1.現在のアラートタスクにある「この問題のトラブルシューティング」をクリックします。
WS12R2ESS_NEWDISK_001

2.使用可能なハードディスクを選択します。
WS12R2ESS_NEWDISK_002

3.「次へ」をクリックします。
WS12R2ESS_NEWDISK_003

4.ハードディスクを用途を選択し、「次へ」をクリックします。
※ここでは、データディスクとして利用するので、「ハードドライブをフォーマットして、その上に自動的にドライブを作成する」を選択します。
WS12R2ESS_NEWDISK_004

5.データディスクとして利用できるようになりました。
WS12R2ESS_NEWDISK_006

広告