Windows Server Essentialsのユーザー管理がとても楽になりました。
Windows Server Essentials エクスペリエンスでは、最大100アカウントまでのユーザーを管理することができます。
これだけの数のユーザーアカウントのサーバーアクセス権限を個々に管理することはとても難しくなります。

この場合にユーザー管理を助けてくれる仕組みがユーザーグループとなります。
具体的には、ユーザーのサーバーへのアクセス権をテンプレート化したもので、ユーザーのアクセス権限付与時にユーザーグループを選択することで、選択されたユーザーグループのアクセス権がユーザーに付与されます。

ユーザーグループを作成する手順は、以下のとおりです。
1.「新しいユーザーグループの追加」をクリックします。
wse16_setup_30

2.グループ名と説明を入力し、「次へ」をクリックします。
wse16_setup_32

3.グループのメンバーに追加する既存のユーザーを追加し、「次へ」をクリックします。
※ここでは、メンバーを追加しません。
wse16_setup_33

4.共有フォルダーへのアクセス権を設定し、「次へ」をクリックします。
wse16_setup_34

5.Anywhwere Access の許可を設定し、「次へ」をクリックします。
wse16_setup_36

6.「閉じる」をクリックします。
wse16_setup_38

7.ユーザーグループが作成されます。
wse16_setup_39

広告