Windows Server Essentials を利用していて、クライアントのMicrosoft アカウントを無効にさせたい場面があります。その場合は、グループポリシーを利用することで、利用できなくさせることができます。

WSE_MSAcc_001

この設定をWindows Server Essentialsに適用し、クライアントでMicrosoft アカウントの関連付けを行うとどうなるでしょうか。
<アカウントの関連付け>
1.「PC設定の変更」>「アカウント」を選択します。
「お使いのアカウント」で、Microsoft アカウントに関連付けるが選択できないようになっています。
WSE_MSAcc_002

<SkyDrive>
1.「PC設定の変更」>「SkyDrive」を選択します。
「Microsoft アカウントに関連付ける」をクリックします。
WSE_MSAcc_003

2.「次へ」をクリックします。
WSE_MSAcc_004

3.関連付けたいMicrosoft アカウントとパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
WSE_MSAcc_005

4.「次へ」をクリックします。
WSE_MSAcc_006

5.セキュリティコードを入力し、「次へ」をクリックします。
WSE_MSAcc_007

6.制限がかかっているというコメントが表示されます。「次へ」をクリックします。
WSE_MSAcc_008

7.「接続」をクリックします。
WSE_MSAcc_009

8.「関連付けができない」というコメントが表示されます。
WSE_MSAcc_010

広告