社外から Web ブラウザを使って 共有フォルダーへアクセス、ネットワーク内のコンピューターへリモート接続、ダッシュボードの起動(管理者のみ)、そしてVPN接続などの機能を提供します。

接続用のドメインとして独自ドメインやマイクロソフトから提供される 無償のドメイン(.remotewebaccess.com)などが利用できます。
ネットワークの自動設定ではユニバーサル プラグアンドプレイ に対応したルーターが、手動設定では80番と443番ポートをサーバーへフォワードする設定が必要となります。

1.ダッシュボードのホームから「開始する」の中のセットアップにある「Anywhere Accessのセットアップ」をクリックし、「クリックして、Anywhere Access を構成する」をクリックします。
Ess_HS_050

2.「次へ」をクリックします。
※ルーターを手動で設定する場合は、チェックボックスにチェックを入れます。
Ess_HS_051

3.「次へ」をクリックします。
Ess_HS_052

4.独自ドメインを取得している場合は、「既に所有しているドメイン名を使用する」を選択し、独自ドメインを入力し、「次へ」をクリックします。
独自ドメインを所有していない場合は、「新しいドメイン名をセットアップする」選択をし、「次へ」をクリックします。今回は、新しいドメイン名を取得する法を選択します。
Ess_HS_053

5.「Microsoft から個人用ドメインを取得する」を選択し、「次へ」をクリックします。
Ess_HS_055

6.Microsoft アカウントへサインインします。
Ess_HS_056

7.「新しいドメイン名を作成する」を選択し、「次へ」をクリックします。
Ess_HS_057

8.ドメイン名の2番目の部分を入力し、「セットアップ」をクリックします。
Ess_HS_058

9.「次へ」をクリックします。
Ess_HS_060

10.有効にしたいAnywhere Accessの機能(VPN、リモートWeb アクセス)を選択し、「次へ」をクリックします。
Ess_HS_061

11.ユーザーやユーザーグループに対して、Anywhere Access 機能を有効にする場合は、チェックボックスを選択し、「次へ」をクリックします。
Ess_HS_062

12.「閉じる」をクリックします。
Ess_HS_064

13.「ダッシュボード」の右上の「設定」クリックします。
左側の「Anywhere Access」をクリックし、ドメイン名に表示されているURLが社外からアクセスするときのアドレスになります。
Ess_HS_065

広告