Windows Server Essentials では、ユーザーではアクセスレベルが「標準ユーザー」と「管理者」の2つがあります。

1.ダッシュボードのホームから「開始する」の中のセットアップにある「ユーザーアカウントの追加」をクリックし、「クリックしてユーザーアカウントを追加する」をクリックします。
Ess_HS_005
2.「姓」、「名」、「ユーザーアカウント」、「パスワード」を入力し、アクセスレベルを選択(左:標準ユーザー、右:管理社)し、「次へ」をクリックします。

 Ess_HS_007 Ess_HS_012

3.アクセスレベルが「標準ユーザー」の場合は、共有フォルダー(サーバーフォルダー)へのアクセス権を設定し、「次へ」をクリックします。(左ー標準ユーザー、右-管理者)。

Ess_HS_008 Ess_HS_013

4.アクセスレベルが「標準ユーザー」の場合は、社外からアクセスする機能(AnywhereAccess)を設定し、「次へ」をクリックします。(左ー標準ユーザー、右-管理者)。

Ess_HS_009 Ess_HS_014

5.アクセスレベルが「標準ユーザー」の場合は、社外からアクセスする機能(AnywhereAccess)を設定し、「次へ」をクリックします。(左ー標準ユーザー、右-管理者)。

Ess_HS_011 Ess_HS_015
広告