Archive for 5月, 2013


Windows Small Business Sever 2011 Standard では、Windows SBS コンソールを使って、共有プリンタを管理することができます。そのためには、共有コンピュータをWindows SBS コンソール に登録する必要があります。

共有プリンタをWindows SBS コンソールに登録する。

1.SBS コンソールの「ネットワーク」タブ>「デバイス」サブタブの順に展開します。
デバイスのタスクにある「共有プリンタをこのコンソールへの一覧表示」をクリックします。
wsbs11std_prnt_001

2.共有プリンタを選択し、「適用」ボタンをクリックします
wsbs11std_prnt_002

3.コンソールに表示されました
wsbs11std_prnt_004

広告

Windows Server 2012 Essentials SDK が Microsoft ダウンロードセンターからダウンロードできます。

どんなことができるかは、確認でき次第、ブログに投稿していきます。

Office365を利用するために、設定を行い、メールを受信しようとすると、「サーバーへの接続に失敗しました。」と表示され、メールを受信することができないことがあります。これは、Office365 を利用登録している デバイスが10個を超えている場合に起こります。携帯電話だけでなく、Windows PCであっても、ここにリストアップされることがあるので注意が必要です。

不要なデバイスの削除手順です。
1.Outlook Web App にサインインし、オプション画面の電話をクリックします。。
o365_mobi_01

2.携帯電話 をクリックし、デバイスの一覧から不要なデバイスを削除します。
o365_mobi_02

Windows Server 2012 でiSCSI を構成すると、ターゲットサーバーで、イベントID 13 と12292 のエラーとなる場合があります。

【イベントID 13】
ボリューム シャドウ コピー サービス情報: CLSID {463948d2-035d-4d1d-9bfc-473fece07dab} および名前 HWPRV を持つ COM サーバーを開始できません。[0x80070005, アクセスが拒否されました。

【イベントID 12292】
ボリューム シャドウ コピー サービス エラー: CLSID {463948d2-035d-4d1d-9bfc-473fece07dab} でシャドウ コピー プロバイダー COM クラスの作成中にエラーが発生しました [0x80070005, アクセスが拒否されました。

このエラーを解消するためには、DCOMの設定を変更する必要があります。

1.iSCSIターゲットでコントロールパネル>管理ツール>コンポーネントサービスをクリックします。

2.コンポーネントサービス>コンピューター>マイコンピューター>DCOMの構成を順に展開します。
WS12_iscsi_001

3.「WTSnapshotProvider」を右クリックし、プロパティを表示し、IDタブをクリックします。
WS12_iscsi_002

4.iSCSIターゲットのローカルAdministrators のメンバーを実行ユーザーに登録します。
WS12_iscsi_003

5.「WTVDSProv」も同様に3.と4.の手順を実行します。