Archive for 4月, 2013


先日、VHDブートからHyper-Vへ移行 の記事を投稿しましたが、VHDファイルにブート情報を書き込んだでもブルースクリーンエラー(0x0000007B )でOSが正しく起動しないことがあります。

これは、Hyper-V がIDEで起動することに関係しています。
このエラーを回避するには、以下のレジストリの値を確認して、必要であれば修正する必要があります。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\IntelIde]
“Start”=dword:00000000

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\PCIIde]
“Start”=dword:00000000

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\atapi]
“Start”=dword:00000000

レジストリの修正は自己責任で行ってください。
レジストリの修正によって、コンピュータが起動しなくなる恐れがあります。
バックアップをとった上で、注意して作業をしてください。

メモ、メモ。

Windows 8とWindows Server 2012の互換性ガイドブック
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=27416

Windows Server 2012 Essentials のネットワークの属しているデバイスの入れ替えの手順の概要です。
この入替手順では、以下のことが実現できます。
○移行元デバイスと移行先デバイスで 同じコンピュータ名にしたい。
○ 移行先デバイスのOSを変更したい。
○ 使用していたデータを継続して利用したい。

1.サーバーダッシュボードから移行元デバイスを選択し、手動でバックアップを取得します。

2.サーバーダッシュボードから移行元デバイスを削除します。

3.新しいデバイスを同じコンピュータ名で準備します。

4.コネクトアプリケーションをインストールし、Windows Server 2012 Essentials ネットワークに参加します。

5.サーバーダッシュボードから移行元デバイスのバックアップから継続して利用したいデータを復元します。

Windows 8について、MVPの皆さんがブログに投稿したものを閲覧できるWindows ストアアプリを作ってみました。
私自身では、3本目のアプリとなります。
Windows ストアアプリを自分なりに頑張って勉強して作ってみましたので、ダウンロードしてみてください。
本ストアアプリは、RSSリーダーではありませんので過去の記事であっても閲覧することができます。
よろしくお願いいたします。

「Windows 8 お役立ち記事リンク」Windows ストアアプリ
http://apps.microsoft.com/windows/ja-JP/app/windows-8/97ec6f4c-6c38-490d-9911-99dbff1e4caf

【今回更新された内容】
・新しい記事を追加しました。
・Windows RT のカテゴリを追加しました。
・ストアアプリのカテゴリが「ソーシャル」から「書籍」になりました。

【初版(V1.00)をダウンロードしていただいた方へ】
お手数ですが、初版を一度削除していただいてから再度ダウンロードしてインストールしてください。

Winsdows Server 2012 Essentials では、サーバーにログインしてサーバーマネージャーは起動しません。
この設定は、Winsdows Server 2012 Essentials をWinsdows Server 2012 Standard へ移行した時にも引き継がれます。

サーバーマネージャーをログインしたときに自動的に起動させるようにするには、次のようにします。

1.サーバーマネージャーを起動し、右上の「管理」をクリックします。
wse12-serverMgr-001

2.「サーバーマネージャーのプロパティ」をクリックします。
wse12-serverMgr-002

3.「ログオン時にサーバーマネージャーを自動的に起動しない」のチェックを外します。
wse12-serverMgr-003

Hyper-Vなどは利用できないよく聞きますが、そのほかの役割と機能はどうでしょうか。

サポートされない役割と機能は、次の6つになります。

Hyper-V
Windows Server Update Services
WID Database
データ重複除去
リモート デスクトップ仮想化ホスト
フェールオーバー クラスタリング

もちろん、これらの役割や機能を利用したい場合は、Windows Server 2012 Standard をセカンドサーバーに配置します。

ストアアプリの作成やらセミナーの準備?やらでブログの更新が1か月も滞ってしましました。

Windows Server 2012 になってからWindows Server 2012 Standard の代わりにWindows Server 2012 Essentialsを使ってみようとする方が増えています。そこで、今回は別の角度からWindows Server 2012 Essentials について説明しようと思います。
まずは、第1弾 ということで、「Windows Server 2012 Essentials にはどんな役割と機能がインストールされているのか」です。
ということで、一覧表にまとめました。

AD-Domain-Services Active Directory ドメイン サービス
AD-Certificate Active Directory 証明書サービス
ADCS-Cert-Authority 証明機関
ADCS-Web-Enrollment 証明機関 Web 登録
DNS DNS サーバー
Web-Server Web サーバー (IIS)
Web-WebServer Web サーバー
Web-Common-Http HTTP 共通機能
Web-Http-Errors HTTP エラー
Web-Dir-Browsing ディレクトリの参照
Web-Default-Doc 既定のドキュメント
Web-Static-Content 静的なコンテンツ
Web-Http-Redirect HTTP リダイレクト
Web-DAV-Publishing WebDAV 発行
Web-Security セキュリティ
Web-Filtering 要求フィルター
Web-Cert-Auth IIS クライアント証明書マッピング認証
Web-IP-Security IP およびドメインの制限
Web-CertProvider SSL 証明書の集中サポート
Web-Url-Auth URL 承認
Web-Windows-Auth Windows 認証
Web-Client-Auth クライアント証明書マッピング認証
Web-Digest-Auth ダイジェスト認証
Web-Basic-Auth 基本認証
Web-Performance パフォーマンス
Web-Stat-Compression 静的なコンテンツの圧縮
Web-Dyn-Compression 動的なコンテンツの圧縮
Web-Health 状態と診断
Web-Http-Logging HTTP ログ
Web-ODBC-Logging ODBC ログ
Web-Custom-Logging カスタム ログ
Web-Http-Tracing トレース
Web-Log-Libraries ログ ツール
Web-Request-Monitor 要求の監視
Web-App-Dev アプリケーション開発
Web-Net-Ext45 .NET 拡張機能 4.5
Web-ASP ASP
Web-Asp-Net45 ASP.NET 4.5
Web-ISAPI-Filter ISAPI フィルター
Web-ISAPI-Ext ISAPI 拡張
Web-Includes サーバー側インクルード
Web-Mgmt-Tools 管理ツール
Web-Mgmt-Console IIS 管理コンソール
Web-Mgmt-Compat IIS 6 管理互換
Web-Metabase IIS 6 メタベース互換
Web-WMI IIS 6 WMI 互換
Web-Lgcy-Scripting IIS 6 スクリプト ツール
Web-Lgcy-Mgmt-Console IIS 6 管理コンソール
Web-Scripting-Tools IIS 管理スクリプトおよびツール
Web-Mgmt-Service 管理サービス
NPAS ネットワーク ポリシーとアクセス サービス
NPAS-Policy-Server ネットワーク ポリシー サーバー
FileAndStorage-Services ファイル サービスおよび記憶域サービス
File-Services ファイル サービスおよび iSCSI サービス
FS-FileServer ファイル サーバー
Storage-Services 記憶域サービス
Remote-Desktop-Services リモート デスクトップ サービス
RDS-Gateway リモート デスクトップ ゲートウェイ
NET-Framework-45-Features .NET Framework 4.5 Features
NET-Framework-45-Core .NET Framework 4.5
NET-Framework-45-ASPNET ASP.NET 4.5
NET-WCF-Services45 WCF サービス
NET-WCF-HTTP-Activation45 HTTP アクティブ化
NET-WCF-TCP-PortSharing45 TCP ポート共有
RPC-over-HTTP-Proxy HTTP プロキシを経由した RPC
Server-Media-Foundation Media Foundation
PowerShellRoot Windows PowerShell
PowerShell Windows PowerShell 3.0
PowerShell-ISE Windows PowerShell ISE
Windows-Server-Backup Windows Server バックアップ
WAS Windows プロセス アクティブ化サービス
WAS-Process-Model プロセス モデル
WAS-Config-APIs 構成 API
WoW64-Support WoW64 サポート
InkAndHandwritingServices インクと手書きサービス
GPMC グループ ポリシーの管理
User-Interfaces-Infra ユーザー インターフェイスとインフラストラクチャ
Server-Gui-Mgmt-Infra グラフィック管理ツールとインフラストラクチャ
Server-Gui-Shell サーバー グラフィック シェル
Desktop-Experience デスクトップ エクスペリエンス
RSAT リモート サーバー管理ツール
RSAT-Role-Tools 役割管理ツール
RSAT-AD-Tools AD DS および AD LDS ツール
RSAT-ADDS AD DS ツール
RSAT-AD-AdminCenter Active Directory 管理センター
RSAT-ADDS-Tools AD DS スナップインおよびコマンドライン ツール
RSAT-AD-PowerShell Windows PowerShell の Active Directory モジュール
RSAT-ADCS Active Directory 証明書サービス ツール
RSAT-ADCS-Mgmt 証明機関管理ツール
RSAT-DNS-Server DNS サーバー ツール
RSAT-RemoteAccess リモート アクセス管理ツール
RSAT-RemoteAccess-PowerShell Windows PowerShell 用のリモート アクセス モジュール

これを見ていただくと、Windows Server 2012 Essentials は、サーバーOSというよりもサーバーソリューションであることを理解していただいて、活用してみてください。