Archive for 1月, 2013


Windows Server 2012 Essentials には、リモートWebアクセス というWebポータルがあります。
このポータルのコンピューターは、Windows Server 2012 Essentials で管理しているコンピュータの一覧が表示されます。
ブラウザがIEの場合は、「接続」ボタンを押すと、RemoteAppにより、各コンピュータへリモートデスクトップ接続(ダッシュボードの起動)ができます。
wse12_RWAonXP_001

Windows XPは、この機能は標準で利用できませんが、次の手順により利用することができるようになります。

1.Windows XP 用の更新プログラム (KB969084) をダウンロードし、インストールします。
wse12_RWAonXP_002

2.Windows XP Service Pack 3 の CredSSP を有効にするFix it をダウンロードし、インストールします。
wse12_RWAonXP_005

3.再起動します。
wse12_RWAonXP_008

4.リモートWebアクセスのコンピューターにある「接続」ボタンを押し、リモートデスクトップが正常に動くことを確認します。

※認証は、2回求められます。1回目は「RD ゲートウェイサーバー」、2回目は「接続先コンピューター」です。

広告

Windows Server 2012 では、Windows XPをドメイン参加させ、使用することができます。
しかし、Windows Server 2012 Essentials では、ネットワークに参加させるために必要なコネクトアプリケーションをWindows XP にインストールすることができません。理由は、コネクトアプリケーションをインストールする条件として.NET Framework 4.5が必須であるためです。

そのため、 Windows XP でWindows Server 2012 Essentials を利用する場合は、一定の制限のもとで利用することになります。
私が調査できた内容を一覧にまとめました。

機能 XPで利用可否 備考
コネクタのインストール ×
ダッシュボード上での管理 ×
クライアントバックアップ ×
正常性の確認 ×
リモートWebアクセス コンピューター接続は、修正プログラムが必要
VPN 手動で構築する必要あり
共有フォルダーアクセス サーバーのIPアドレスを固定にする必要あり
ダッシュボード リモートWebアクセス経由(修正プログラムが必要)
フォルダーリダイレクト グループポリシーの修正が必要
サーバー証明書 手動でインストールする必要あり
サーバーのIPアドレス追跡 ×

<追記>
2013年1月28 日 リモートWebアクセス の備考欄を修正

Windows Server 2012 Essentials は、Windows SBS 2011 Essentialsと同様にダッシュボードの機能を一部無効にして起動する「セーフモード」というものがあります。セーフモードは、ダッシュボードの保護機能として利用します。
wse12_SafeMode_005

セーフモードで起動する手順です。
1.ダッシュボードを通常通り起動し、右上のヘルプをクリックします。
「セーフモードの設定」をクリックします。
wse12_SafeMode_001

2.無効にしたい「アドイン名」をクリックします。
wse12_SafeMode_002

3.「無効にする」をクリックします。
wse12_SafeMode_003

4.「適用」をクリックしダッシュボードを再起動します。
wse12_SafeMode_004

5.セーフモードで起動したダッシュボード
wse12_SafeMode_005

Windows Small Business Server 2011 Standard にExchange Server 2010 SP2 をインストール する手順です。

1.「MSSQL$SBSMONITORING」サービスを停止します。

2.ダウンロードセンターからMicrosoft Exchange Server 2010 Service Pack 2 をダウンロードします。

3.ダウンロードしたファイルを展開し、setup.exeを実行します。

4.「Microsoft Exchange Server アップグレードのインストール」をクリックします。
WSBS11_EX2010SP2_001

5.「次へ」をクリックします。
WSBS11_EX2010SP2_002

6.「使用許諾契約書に同意します」を選択し、「次へ」をクリックすると、前提条件のチェックを行います。
WSBS11_EX2010SP2_003

7.「アップグレード」をクリックすると、インストールが始まります。
WSBS11_EX2010SP2_004

8.「終了」をクリックします。
WSBS11_EX2010SP2_005

9.「MSSQL$SBSMONITORING」サービスを開始します。

Windows Server 2012 Essentials でサポートされるOSの一覧です。
ドメインの機能を利用するかどうかについてもまとめています。

OS サポート ドメイン
Windows 8 Professional
Windows 8 Home ×
Windows 7 Ultimate, Professional, Enterprise
Windows 7 Home Premium, Basic, Starter ×
Windows Vista 以前 の OS ×
MAC OS X 10.5-10.7 ×
Windows Server

ご報告が遅くなりましたが、本年も Microsoft より MVP アワードの受賞をさせていただきました。
2009年より5年目の受賞となります。ありがとうございました。

昨年、中小企業向けのサーバーソリューションであるSmall Business Server は、Windows Server 2012 でエディションの一つとなりました。今年は、より多くの企業に利用していただけるようこれからも情報発信していきます。

SBSとかEssentialsについては、特に首都圏以外での勉強会などをやってみたいと思っていますので、興味のある方はご連絡ください。

それでは、これからもよろしくお願いいたします。