Windows 8  のブートオプションは、起動方法によって、できることが変わっています。
ブートメニューオプションは、指によるタッチ操作も可能なので、キーボードがなくても操作が可能です。
現在確認中ですが、ここで起動されるコマンドプロンプトでは、日本語表示ができないことがあります。

1.PCの設定からブートオプションメニューを起動すると、コマンドプロンプトの起動やイメージや復元ポイントからPCを復元するといったことができます。
また、セーフブートを実行することができます。
Win8Start01

2.1台のコンピューターで、複数のOSを起動できる設定(デュアルブート)である場合は、OS起動時に起動するOSの選択画面が表示されます。
1.でできることのほかに、既定で起動するOSや起動するOSを選択する時間など複数のOSを操作するメニューが追加されています。
Win8Start02

3.インストールメディアを使ってブートオプションを起動すると修復や復元に関するメニューが表示されます。
Win8Start03
それぞれの操作手順は、以下を参考にしてください。

広告