このステップでは、移行元サーバーから移行先サーバーへデータを移行します。
Windows Small Business Server 2011 Essentials の場合は、次の手順となります。
3-1:クライアントコンピューターにコネクトアプリケーションをインストールします。
3-2:移行元サーバーからデータをコピーします。
3-3:AnywhereAccess を設定します。
3-4:各アカウントにアクセス権を付与します。
3-5:フォルダーリダイレクト機能を設定します。
3-6:移行元サーバーからActive Directory 証明書サービスを削除します。
3-7:DNSサービスにある移行元サーバーの情報を削除します。
3-8:BPAを実行します。

Windows XPとWindows Vistaの場合は、このステップは必要ありません。
Windows Server 2012 Essentials では、これらのOSはサポートされていません。

【3-1:クライアントコンピューターにコネクトアプリケーションをインストール】
1.SBS 2011 Essentials のコネクトアプリケーションを削除するために、コントロールパネルを開きます。
プリグラムのアンインストールをクリックします。

2.「Windows Small Business Server 2011 Connector」をアンインストールします。

4.「実行」ボタンをクリックします。

5.「次へ」をクリックします。

6.「次へ」をクリックします。

7.「再起動」をクリックします。

8.ネットワークのユーザー名とパスワードを入力します。

9.コンピューターに設定するユーザーを選択し、「次へ」をクリックします。

10.コンピューターの説明を入力して、「次へ」をクリックします。

11.スリープ時のバックアップの動作について選択し、「次へ」をクリックします。

12.「次へ」をクリックします。

13.「完了」をクリックします。

広告