Windows Small Business Server 2011 Essentials に WSUSを追記してみました。
WSUS で管理できるコンピューターは、ドメインネットワークに参加できるコンピュータです。
Home エディションなどののドメインに参加できないコンピューターは、WSUS で管理することができません。

【事前準備】
Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ をインストールしておく必要があります。

【インストール】
1.サーバーマネージャーから「管理の追加」を選択し、「次へ」をクリックします。

2.「Windows Server Update Services」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

3.「次へ」をクリックします。

4.「インストール」をクリックします。

5.ダウンロードが開始されます。

6.ダウンロードが完了すると、セットアップウィザードが起動します。

7.「使用許諾契約に同意します」をチェックして、「次へ」をクリックします。

8.更新プログラムをローカルに保存するかどうかを選択し、「次へ」をクリックします。

9.データベースのオプションを選択します。

10.Webサイトは、既定のまま「次へ」をクリックします。

11.「次へ」をクリックします。

12.「完了」をクリックします。

13.「閉じる」をクリックします。

【設定】
1.グループポリシーを設定します。

2.ダッシュボードから管理コンソールが表示できるようにリンクを追加します。
ServerManager.home をC:\Program Files\Windows Server\Bin\Addins\Home フォルダーに配置します。

<Links xmlns=”http://schemas.microsoft.com/WindowsServerSolutions/2010/01/Dashboard“>
<Link Title=”サーバーマネージャー” Description=”サーバーマネージャー” ShellExecPath=”%SystemRoot%\system32\ServerManager.msc” />
</Links>

広告