Windows Small Business Server 2011 Essentials のUpdate Rollup 3 が先日公開され、Windows 8 がサポートOSとして加わりました。
Windows 8 では、プロファイルを自動的に移行することができないため、コネクタをインストール後にWindows 移行ツールを使ってプロファイルを手動で移行させる必要があります。

【転送元(ローカルプロファイル)の保存】
1.Windows 移行ツールを起動し、「次へ」をクリックします。

2.「外付けハード ディスクまたはUSBフラッシュ ドライブ」を選択します。

3.「これは今までのPCです」を選択します。

4.転送する移行対象ユーザーを選択し、「次へ」をクリックします。

5.パスワードを入力して、「保存」をクリックします。保存先はサーバーフォルダーを指定します。

【転送先(ドメインプロファイル)の復元】
1.Windows 移行ツールを起動し、「次へ」をクリックします。

2.「外付けハード ディスクまたはUSBフラッシュ ドライブ」を選択します。

3.「これは新しいPCです」を選択します。

4.「はい」を選択します。

5.「パスワード」を入力し、「次へ」をクリックします。

6.「詳細オプション」をクリックします。

7.ユーザーアカウントの割り当てをし、「保存」をクリックします。

8.「転送」をクリックします。

9.「転送された内容の確認」をします。

10.スタート画面にタスクパッドとダッシュボードが表示されていることを確認します。

広告