System Center 2012 Configuration Manager RC版 をインストールして見ました。
インストールの概要です。

【前提条件の確認】
1.ドメインに参加したWindows Server 2008 R2 SP1 でインストールの前提条件をチェックします。
必要となる役割と機能は次のとおりです。
・ Microsoft RDC
・ .NET Framework 3.5 以上(サイトサーバー)
・ .NET Framework 4.0 以上(管理コンソール)
・ BITS

2.SQL Server 2008 R2 SP1は、以下の条件も加わります。
・ SQL Server の照合順序は SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS
・ Cumulative Update 4
・ インスタンスの静的ポート

【Windows の機能のインストール】
1.サーバーマネージャーからWindows の機能を選択し、「.NET Framework 3.5」、「Microsoft RDC」 、「BITS」を選択します。

2.「必要な役割サービスを追加」をクリックします。

3.「次へ」をクリックします。

4.「次へ」をクリックします。

5.Webサーバー >アプリケーション開発 にある「ASP 」を選択します。

6.Webサーバー >セキュリティ にある「基本認証 」を選択します。

7.Webサーバー >管理ツール>IIS6管理互換 にある「IIS6WMI互換 」を選択します。

8.「インストール」をクリックします。

【SQL Server 2008 R2 SP1のインストール】
1.SQL Server 2008 R2 SP1 をインストールします。
照合順序は、SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS を設定します。

2.静的ポートを使用するように設定を変更します。

3.Cumulative Update 4 (累積的な更新プログラム パッケージ 4)をインストールします。

4.ファイヤーウォールの例外として1433(2で指定した静的ポート)と4022(後のSSBポート)を設定します。

【Windows Server Update Services のインストール】
1.サーバーマネージャーからWindows の役割の追加から「Windows Server Update Services 」を追加します。

※必要に応じて、Active Directory のスキーマ拡張やコンテナの追加が必要となります。

広告